OAB 大分朝日放送

大分のニュース

10月22日(火)

宇佐神宮でも即位礼祝う(19:00 更新)

 天皇陛下の即位に伴う重要儀式「即位礼正殿の儀」が皇居で行われ、天皇陛下が国の内外に向けて即位を宣言されました。新時代の幕開けに県内もお祝いムードに包まれました。全国約4万の八幡社の総本宮である宇佐神宮では午前10時から神事が執り行われました。また県民が祝意を表す場として記帳所も設置され、朝から多くの人が参拝しお祝いの気持ちを記していました。

 参拝者「日本もそうだけど世界も平和であることを願います」
 参拝者「これからもこの国が、もっと繁栄してくれればと思ってお参りに来た」

 宇佐神宮は古くは8世紀から皇室の崇敬を受けています。天皇の使いである勅使が神への感謝や願いといった祝詞をあげる臨時奉幣祭は宇佐神宮をはじめとする全国16の神社でのみ続いています。今の上皇さまの在位期間中には即位から節目の年を迎えられるごとに祝いの催しを行ってきました。記帳所は11月17日まで設置されていて、その後宮内庁へ届けられる予定です。

ウィンターガーデン
表示切替:PCスマホ