シニアセーフティーキャンペーン
  • ニュース
  • 番組表
  • 番組案内
  • イベント・試写会
  • ライブカメラ
  • そらぽワールド
  • アナウンサー


大分のニュース

9月23日(水)

新型コロナ禍の別府観光をPR

19:00 更新

 別府市が23日に発表した、観光客向けのPR動画。新型コロナの影響で別府の観光産業が下火になっている中、積極的な集客はできないながらも、いつでも観光客を受け入れる態勢が整っていることをアピールするために作られました。動画は全部で16タイプで、地元では有名な面々がユーモアたっぷりに観光施設をPR。クスッと笑える動画は、全部で8分16秒にわたる大作となっています。街の人に実際に動画を見てもらうと…。

 別府市民「いいですね。別府を大いに観光で応援していただければね。みんな喜ぶと思うよ。当たり前に宣伝とかじゃなくて結構面白いと思います。道路もこの4連休混んでたし」

 この4連休、県内には多くの観光客が訪れ、特にこちらの別府市周辺の観光施設では、新型コロナが流行して以降1日の来場者数が最高を記録しました。これを機にPR動画で観光の反転攻勢をもくろむ長野市長。おすすめ動画を聞いてみると…。

 長野別府市長「12個入る饅頭の箱の中に6個しか入れないソーシャルディスタンス饅頭」

 そんなソーシャルディスタンス饅頭、なんと10月10日から実際に販売されるんです。

 茶郎本舗・池島圭工場長「うちらの場合は箱にはしっかりとものが詰まるということが頭にあるんで、逆に間を空けてくださいっていうのはなかなか思いつかなかったんですけど。やってみると意外と面白いのかもと思いまして」

 値段はもちろん饅頭6個分のお値段。1日限定10個での販売です。市を挙げて取り組んでいるPR動画ですが、気になるのはその事業費。総額で3200万円です。

 別府市民「あーちょっとそれかけすぎじゃない?別府市にそんなお金あるの?」
 別府市民「でも面白いからいいんじゃないですかね?」

 賛否両論あるようですが、巻き返しの鍵となるのでしょうか。「別府温泉おもてなし再開」PR動画は、インターネットの特設ページで23日から公開されています。

9月23日(水)のニュース一覧
新型コロナ禍の別府観光をPR
 別府市が23日に発表した、観光客向けのPR動画。新型コロナの影響で別府の観光産業が下火になっている中、積極的な集客はできないながらも、いつ...
「駅無人化で移動の自由侵害」車いす利用者がJRを提訴
 JR九州は、合理化を目指して大分市内の駅の無人化を進めています。これに対し、車いすを利用する人たちが移動の自由が侵害されたとして損害賠償を...
中学生が防災マップを作成
 日田市天瀬町の五馬中学校では中学生が実際に自分たちで地域を見て回り、防災マップを作りました。全校生徒28人や保護者、地域住民などが参加しま...
2021年の別大マラソン1年延期
 2021年2月に予定されていた第70回別府大分毎日マラソンが1年延期されることになりました。新型コロナウイルスの収束が見えず、選手やボラン...
園児が交通安全を呼び掛け
 大分市の幼稚園児たちが手作りのお守りで安全運転を呼びかけました。子どもたちが手渡しているのは、パトカーの絵が描かれた手作りの交通安全のお守...
小学生が能を鑑賞
 大分市の小学生が能を鑑賞し、日本の文化を学びました。大分市の平和市民公園能楽堂を訪れたのは津留小学校の5年生78人です。能は約600年前に...