うすきチャンネル
  • ニュース
  • 番組表
  • 番組案内
  • イベント・試写会
  • ライブカメラ
  • そらぽワールド
  • アナウンサー


大分のニュース

10月15日(火)

災害時にトイレ確保を

19:00 更新

 東日本を中心に甚大な被害が出た台風19号。13万戸以上で断水が起き日常が送れない状況が今も続いています。このような大規模な災害時に問題となるものの一つにトイレが挙げられます。佐伯市で電気や水がなくても利用できる防災トイレの設営訓練が行われました。南海トラフ地震などの大規模災害への備えとして国土交通省が初めて企画しました。訓練は佐伯市の避難所に指定されている「道の駅やよい」で行われ、市の職員らが健常者用と身障者用の2種類の防災トイレを実際に組み立て、設置場所や組み立てにかかる時間を確認しました。3年前の熊本地震で被災者を対象に行った「避難生活で最も困ったことは」というアンケートに対し、「トイレ」と答えた人は、眠れる環境に次いで2位でした。災害時には水が流せないことや、混雑などを理由にトイレに行きづらくなる人が多くいます。

 国土交通省佐伯河川国道事務所・肥川雄二さん「何回かやっていかないと上手くいかないことが今回の訓練でわかった。毎年1回くらい確実にこういう訓練を続けていきたい」

 主催者は、トイレの確保ができることで被災者が少しでも普段の生活を取り戻せればと話しています。

10月15日(火)のニュース一覧
災害時にトイレ確保を
 東日本を中心に甚大な被害が出た台風19号。13万戸以上で断水が起き日常が送れない状況が今も続いています。このような大規模な災害時に問題とな...
住宅の耐震工事していますか?
 続いては地震への備えについてです。75%、これは県内の住宅の耐震化率です。一見多いようですが、全国平均と比べると7ポイント下回っています。...
秋の味覚が旬入り
 秋の味覚が旬を迎えています。海の幸、山の幸の本格的な出荷シーズンが始まりました。午前5時。かぼすブリの旬入りが宣言されました。カボスを餌に...
新しい乗り物で由布院散策
 県内有数の観光地、由布院で、ある乗り物の実証実験が始まりました。お披露目された「ウォーキングバイシクル」。着物やスカートでも利用できる電動...
ドローンで育てた稲を収穫
 2017年の九州豪雨で被災した日田市の水田で、ドローンを使って育てた稲の刈り取り作業がありました。被災して重機が使えなかった日田市小野地区...
頻発!キャッシュカード盗に注意
 別府市の66歳の男性が警察官をかたる男にキャッシュカードを盗まれ、50万円を引き出される被害にあいました。警察によりますと15日午前10時...
炎の奇祭・ケべス祭り
 14日夜、国東市国見町で、謎に包まれた炎の奇祭・ケベス祭りが開かれました。毎年10月14日に岩倉八幡社で開かれています。1000年以上前に...