永井秀幸 錯覚3Dアートの世界
  • 番組表
  • 番組案内
  • ニュース
  • そらぽワールド
  • イベント・試写会
  • 天気情報
  • ライブカメラ
  • アナウンサー

カレンダー

«  2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー

最新ブログ

椎木 麻衣
11人の夏。
2016年9月16日
椎木 麻衣
応援夏‐開幕‐。
2016年7月 6日
椎木 麻衣
きょうは...。
2016年6月15日
椎木 麻衣
読破。
2016年3月15日
椎木 麻衣
決定。
2015年8月 4日

バックナンバー

2016年9月16日

11人の夏。

              

               

                 

                   

                    

 

                

別府商業高校は、今年度でその歴史に幕を閉じます。

野球部はこの夏、最後の校名を背負って戦いました。

歴史の最後のページにみんなで何かを刻みたい。

甲子園に行きたいー。

マネージャーを含めた11人で勝ちたいー。

校歌を歌いたいー。

卒業生みんなの気持ちを背負って、

夏への準備をしていました。

そんな大切な大会を前に、4月の地震ー。

被災した地元別府市ー。

そんな中でも負けず戦った学校最後の夏に、

スポーツキャスターの長島三奈さんが密着しました。

ぜひ、ご覧ください。

             

 

 

            

              

              

 

 

 

 

 

19_別府商業_補正.jpgのサムネイル画像

HP:http://www.tv-asahi.co.jp/nagashima_koshien/   

          

                      

  

                

                            

                      

        

2016年7月 6日

応援夏‐開幕‐。

             

               

               

                

            

今年もこの季節がやってきました。

高校野球です。

今年は、いちファンとしてだけでなく

光栄なことに、実況アナウンサーとして

開会式に携わる機会をもらいました。

当日、球場で緊張していると、

たくさんの選手や、監督が話しかけてくださって

「頑張れ~」と背中を押してくれました。

よほど不安な顔をしていたのでしょう。笑

            

           

 

 

 

それでも、実況席に行くと、次第に感動が先行して。

会場が一体となる入場行進と手拍子は、最高の景色でした。

特に印象に残ったのは、中津北高校の入場行進。

どのチームよりも大きな声は、力強さを感じました。

そして、もう一つあります。

選手宣誓をした玖珠美山の佐野くんです。

宣誓を終えた瞬間、右の手で小さくガッツポーズをしたんです。

大役を務めあげたそのこぶしに、大きな決意を感じました。

23日の決勝までの16日間。

どんな試合があるんだろう。

どんな思いがここに集まるんだろう。

気が付くと、緊張は、期待と興奮に変わっていました。

なんとも高校野球ファンらしい、単純な私ですね。笑

ブログで綴る高校野球「応援夏」も、

そろそろスタートさせようと思います。

 

         

               

             

            

高校野球ファンのみなさま、

今年もどうぞよろしくおねがいします。

 

 

 

          

 

             

20160706.jpg

(実況席からみた 開会式 この景色は忘れません)

                

                  

                      

 

               

                 

               

 

 

 

 

 

 

 

 

 

               

                  

 

                                        

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2016年6月15日

きょうは...。

         

           

         

              

     

夏の高校野球 組み合わせ抽選会です。

ブログの更新が滞っている間に、

梅雨入りし、夏のような日差しも降り注ぎ、

あっという間に、季節が進んでしましました。

大好きな高校野球の季節も、もうすぐそこです。

実況を担当する寺田アナウンサーも、

週末は練習試合に出掛け、

毎日、資料づくりにと、準備に追われています

過去の戦績や、チームの歴史も調べるため

この作業が一番大変で、一番大切なんです。

きょうの抽選会の準備も、毎日遅くまで頑張っていました。

午後3時放送です。ぜひ、ご覧ください。

 

 

                  

 

 

 

 

 

 IMG_1537.JPG

 (膨大な資料とにらめっこする寺田アナウンサー)

        

                      

             

 

 

 

2016年3月15日

読破。

             

                

               

           

         

                 

              

               

  

             

記者になったときから

「大分」がご縁でお世話になっている方が

本を出版されたと聞き、書店へ。

何軒がめぐり、ようやく手することができました。

隣にあったビートたけしさんの本も

なんだか気になり、一緒にお買い上げ。

ともに、時間を忘れて1日で読破。

一気にその世界に引き込まれて、

気分は、高校野球の夏の大会前。

今、とっても野球を観にいきたいです。

         

              

           

                

              

                

 

IMG_0175.JPG

          

                     

            

           

                         

                   

                     

               

       

          

          

2015年8月 4日

決定。

              

            

           

                      

            

あさって開幕の夏の甲子園ー。

大分代表・明豊の初戦の相手が決まりました。

宮城代表・仙台育英です。

      

      

  

 

きのうの抽選会は、午後4時からと、

番組に向けて忙しい時間でしたが、

このときばかりは、

報道フロアも米安キャプテンが

どこを引き当てるのか

固唾をのんで見守っていました。笑

       

           

             

仙台育英と言えば、

2010年の夏、ミラクル仙台育英として注目された

外野手の三瓶くん、木村・田中投手の活躍が

思い出に残っています。

その年は、ヤクルトの由規投手の弟もいて、

それは、強烈に強いといった印象でした。

今チームも、秋の神宮覇者で、

春の選抜も優勝候補の一角として

その名を轟かせました。

仙台大会では、全6試合で68得点。

1試合平均11得点以上と、強打者揃いで、

その数字が積極的打線の勢いを物語っています。

でも、気負うことはありません!!

けさの5スタでもお伝えしましたが、

これまで、大分が宮城代表と対戦したのは、過去4回。

うち3回が仙台育英とあたっています。

そして、2回、1986年の佐伯鶴城と

1994年の柳ヶ浦で勝利しています。

しかも!!そのとき、鶴城は、全国ベスト8、

柳ヶ浦はベスト4という成績を残しているんです。

                

          

 

  

           

5回目の大分代表対宮城代表はどうなるのかー。

注目の初戦は、大会4日目第4試合です。

県勢4年ぶりの初戦突破期待したいですね♪

       

         

 

  

IMG_6790.JPG

(取材で頂いた学校お手製、日田杉でできた応援団扇♪)

                

                

                 

                   

                  

                  

 

2015年7月27日

応援夏~20日間の夏~。

          

 

         

開会式からきょうでちょうど20日。

今年も、たくさんの〝夏〟がありました。

 

          

 

 

 

 

 

    

延長からの逆転。

雨の中断。

風に泣いた一球。

涙の降板。

後悔の夏。

けがで出られなかった最後の夏。

感謝を伝えた夏。

恩返しを誓った夏。

仲間と先輩と誓った約束の夏。

学校最後の校名を背負った夏。

リベンジの夏ー。

 

 

 

 

 

 

 

             

 

それぞれの思いを胸に秘めて

球児1人ひとりがグラウンドにたち、

スタンドからエールを送っていたことと思います。

その全てを見たわけではないけれど、

やっぱり高校野球が、スポーツが好きです。

そして、私の完全なる趣味だった高校野球ブログに

今年もお付き合いいただいた

高校野球ファンのみなさん、高校生のみなさん。

ありがとうございました。

    

 

               

        

さて、あすは、明豊ナインが

番組に生出演してくださいます。

みなさん、お楽しみに。

あ、今夜の速報!甲子園への道もご覧くださいね。

                      

              

               

 

 150727_正面02_補正.jpg

                    

                       

              

                          

 

 

 

 

 

 

2015年7月24日

応援夏~野球がしたい~。

                  

                  

               

「野球ができることへの感謝は、誰にも負けません。」 

 

                

             

 

そう話してくれたのは、              

明豊高校の菅野 稜くん。

お兄ちゃんの影響で野球を始め、

明豊でもいつも明るくチームを盛り上げ、

元気な挨拶と、笑顔が印象的です。

中学2年生の11月大分へと越してきました。

野球をするためにー。

          

 

 

              

菅野くんは、福島県郡山市の出身です。

あの日は、小学校の卒業式の後で、

市民体育館で、友達と、

いつものように遊んでいたといいます。

そして、あの時間がやってきたのです。

2011年3月11日 午後2時46分被災しました。

揺れは、震度6強でした。

携帯のアラームが体育館中に響き渡り、

大きく揺れ、立っていられないほどだったそうです。

両親と連絡がとれず、

家でおばあちゃんとただただ待つばかり。

水も、電気もない時間を長く過ごしました。

なにより辛かったのは、外出制限。

放射線量の関係で、外に出られるのは2時間ー。

試合に行っても直前までバスで待機...

野球さえ自由にできなかったのです。

         

                  

                 

     

 

家族と話し合い、野球留学を決意。

お父さんとおばあちゃんを残し、

お母さんとともに別府へやってきました。

野球を教えてくれたり、指導してくれたりした

お父さんと離れることはつらかったといいますが、

「野球がしたい」という、中学2年生の決断でした。

 

 

 

あれから、4年ー。

県内でも練習量の豊富なチームで、

朝から晩までの練習をこなし、

彼は今、大所帯のチームの仲間とともに、

「甲子園」を目指しています。

大事な試合のあとには、

離れ離れのお父さんから、

叱咤激励のメールが届くこともあるそうです。

そんな菅野くん。

震災から学んだことがありました。

         

                 

           

                    

 

「野球ができるのは、当たり前じゃなかったんです。

 感謝を胸に頑張ります。」

家族に捧げる勝利を胸に、チームを支えます。

            

  

   

 

 

 

 

 

 

 

               

 

 

 

kokoyakyu20150724.jpg

(右から2番目が、菅野くん)

             

               

 

 

 

 

 

 

 

 

2015年7月22日

応援夏~あの夏の秘密~。

                 

                         

                     

                  

                  

                   

この時期の休みの日課と言えば、高校野球観戦。

身体が持つ限りは、球場にいます。

もちろん球児たちの戦いや、スタンドの応援。

そこにあるお父さんお母さんたちの思い。

グラウンドの土の香りに、日差し。

球児たちの涙や笑顔。

どれをとっても大好きです。

なぜ、私がこんなに高校野球が好きなのかは、

いつか話すとして、球場にいったときの

楽しみの一つが、取材した選手や、

そのご家族との再会です。

今年もたくさんの卒業生たちとの再会が叶いました。

 

 

                

                

 

きょうは、そのうちの一人「梅木くん」を紹介します。

大分上野丘を3月に卒業した梅木くんです。

一昨年準優勝に導いた立役者で

去年は、ベスト4のチームを投打に支えました。

その体の柔らかさと手足の長さに

中学時代から、惚れ込んでいた指導者は、

多くいたと聞いています。

 

 

                           

                        

 

そんな彼の印象といえば、いつも笑顔で、

ヒョウヒョウとしていて、弱味なんてない感じで

不思議と感じるみえない「強さ」がありました。

でも、1年前の夏、たった1人で

試合とは別に、ある秘密と戦っていたことを

今回打ち明けてくれました。

実は、夏の大会前〝けが〟をしていたんです。

それも、腰。

診断の結果は疲労骨折でした。

でも、エースナンバーを背負っていた彼。

きっといろんなプレッシャーも抱えていたでのしょう。

腰の骨折を、誰にも打ち明けることなく、

試合前日にブロック注射を打っては、マウンドに。

大会中に打った注射は8本。

痛み止めの薬を毎日8錠飲んでいたというのです。

まさかの話に言葉がなかったのはもちろんですが、

何よりも、けがをしているようには

見えなかったことが、一番の驚きでした。

だって、140キロほどの速球を投げていました。

             

                  

                

 

「最後の年だから、頑張りたかった。

 最後まで投げ抜けれなかったのは、悔しいけど。」と。

そして、こう続けてくれました。

「でも。やっぱり戻りたい。

 全てをかけてやっていた。

 高校野球は最高だし、特別だから。」

その言葉に、初めて、

甲子園への夢を叶えられなかった

彼の本当の悔しさが垣間見えた気がしました。

そして、誰にも迷惑をかけないーという決断が、

彼を奮い立たせ、支え、

見えない「強さ」につながっていたのかもと思いました。

 

                 

               

      

          

 

梅木くん、今は関西の大学に進み、

野球を続けています。

今までで1番厳しい環境だそうです。

でも、力強く宣言してくれました。

「プロになります。」と。

3年後が楽しみです。

             

          

 

 

 

 

 

 

 

  

 kokoyakyu20150722.jpg

 OAB高校野球:http://oab5589.com/ 

高校野球twitter:https://twitter.com/OAB5589 

                

                    

 

 

 

                                              

                          

                   

 

 

 

 

 

 

                                

    

 

2015年7月21日

応援夏~目指せ5589通~。

                        

                    

OAB高校野球では、

毎年、応援メッセージを募集しています。

このメッセージを読むのも、

私の夏の楽しみの一つでもあります。

        

            


現役のマネージャーさんから

引退した3年生への「感謝」の気持ち。

選手とのエピソード。

この大会までの辛かった練習のこと。

お父さんお母さんから、息子さんへの応援。

卒業する、閉校する母校への思いー。

いろんな思いが綴られています。

読んでいて、胸がジーンとすることもあります。

 

 

           

 

きょうとっても印象にのこったのが、

鶴工へのメッセージとして、

大分市の48歳の男性からいただいた、こちら。

「最後にやっと出れたね。

 試合には負けたけど

 最後にマウンドに立った息子の姿忘れない!

 11年の野球人生大変お疲れ様でした。感動有難う!」

お父さんからでしょうか。

きっと、少年野球の頃の姿を思い出しながら、

スタンドから声援を送っていたんですね。

息子さんは、このメッセージを読んでくれているでしょうか。

届いているといいなと願うばかりです。

                 

               

                 

みなさんも、ぜひこの場を利用して、

普段は言えない感謝の気持ちや、

応援を伝えてみませんか。

残念ながらきょうまでに

涙したチームの選手のみなさん。

伝えられなかった気持ちを

ここで伝えてみませんか。

HP上できちんと読むことができます。

現在メッセージは、全部で1779通。

高校野球の5589通に届くほどの

みなさんからの熱いメッセージお待ちしております。

大会もいよいよ大詰め。

応援に行く方は、熱中症に気を付けてくださいね。

             

             

             

 

 

                

              

 

 

 


kokoyakyu2015072101.jpg 

応援メッセージ:http://oab5589.com/message/ 

OAB高校野球:http://oab5589.com/ 

高校野球twitter:https://twitter.com/OAB5589 

                

              

            

                       

 

 

 

               

 

 

 

 

            

  

 

 

2015年7月20日

応援夏~20人をつないだハチマキ~。

                         

           

                  

         

 

 

去年の大会王者イタコウー。

新チーム始動から、

「王者」という見えないものへのプレッシャーは、

きっと図り知れなかったことと思います。

 

  

     

  

 

初戦を辛くも勝ち上がり、

2回戦を突破。

そして迎えたきのうの試合ー。

上空に強い風が吹き荒れる中、 

5回表、柳ヶ浦に追い込まれる展開となりました。

その中、スタンドでは、

グラウンドの仲間たちに、

懸命に声を上げて、応援する3年生の姿がありました。

そう、ベンチ入りすることのできなかった3年生たちです。 

 

      

    

「頑張れ。」

「踏ん張って。」

「大丈夫。」

 

  

 

そう、声を送るスタンドの3年生たちの頭には、

揃いの白いハチマキがしめられていました。

実は、これ、3年生20人をつなぐハチマキだったのです。

聞けば、初戦の前日、ベンチーメンバーの3年生が、

スタンドの3年生全員がプレゼントしてくれたと、

マネージャーの古賀日向ちゃん。

とっても嬉しそうで、とっても心強いと話してくれました。

また、それをよくみると、そこには無数のメッセージが。

一緒に戦おう。つながっている。

そんな思いが綴られ、

真っ白なハチマキは、真っ黒になっていました。

と、同時に試合終了後、

汗でびっしょりになり、熱戦のあしあとを残していました。

試合終了後、マネージャーの日向ちゃん

「このハチマキで、みんなと強くつながっていた。

 結果は悔しいけど、みんなかっこよかった。

 辛いことばっかりだったけど、やりきりました。」

と、泣きじゃくりながら話してくれました。

 

 

 

                  

 

高校野球で、

戦っているのは、グラウンドだけじゃない。

同じ空の下、ベンチもスタンドも、

心一つに戦っています。

みなさんぜひ、応援にも注目してみてください。

             

                    

  

 

            

                           

                    

    

kokoyakyu20150721.jpg

 

                     

                        

                    

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

            

             

                  

                           

               

2015年7月17日

応援夏~アメトーーク~。

                 

                 

                     

                     

            

           

           

                   

みなさま!!

今年も。今年も。今年も!!

この季節がやってまりました。

そう、アメトーーク高校野球大好き芸人です♡♡

               

            

 

その名も...

「緊急アメトーーーーク

 高校野球大大大大好き 栄冠は君に輝くSP!!」。

高校野球ファンの私としては、

見ないわけにはいきません。

なんたって、1週間前に録画予約しました。笑

去年、この番組が楽しかった!

と、報告してくれた、冨永アナウンサーも

「椎木さん!! アメトーーク、高校野球ですよ!!

って、教えてくれました。笑

さすがです。わかってます。

できる後輩です。笑

       

 

               

 

2時間スペシャルの今回は、

OABのスポーツでもお馴染みになった

スポーツキャスターの長島三奈さんはじめ、

横浜高校時代、

松坂投手の女房役だった上地雄輔さん、

スポーツ紙で高校野球コラムを担当して、

各地の会場にたまにいたりする

アンジャッシュ渡部さんらが、

甲子園伝説を

たーーっぷり語ってくれるんだそうです。

永久保存したい名シーンも登場するんだとか。

あーーーーー、早く観たい!!笑

あす土曜日、午後9時からです。

2時間スペシャルです!!

 

           

       

 

                             

                  

           

 

 

    

 kokoyakyu20150717.jpg              

 (あさって実況デビューする寺田ANと、仲良しE先輩♪)    

                             

                    

     

    

 

 

 

 

2015年7月16日

応援夏~塔鼻野球~。

                 

                  

                       

        

             

歴代監督の中で、

県内最多7回の決勝進出記録を持つ、

玖珠美山の塔鼻監督(59)。

ニュースでもお伝えしましたが、

来春で定年を迎えることが決まっていて、

今回が、最後の夏でした。

私も、以前から取材でお世話になっていて、

何としても球場に行きたかっのですが、

仕事のため、立ち会うことができませんでした。

 

               

 

               

塔鼻さんと言えば、高校野球界でも

厳し~い指導で、とっても有名です。

私も、取材中何度か目撃し、選手と一緒に

怒られているような気がしたものです。

2010年に大分工業で甲子園に出場した

巨人の田中太一投手も

「とにかく怖くて、怖くて。」と話していました。笑

 

       

      

           

 

杵築高校で、

塔鼻さんと甲子園を目指した卒業生も

こんなエピソードを教えてくれました。

試合の結果が悪くて、

このまままっすぐ学校に帰れないと、

別府公園で6時間のミーティング。

ずっと、野球のことについて話したそうです。

でも、こうも続けました。

怖くて怖くてしかたなかったけど、

あの辛さがあるから、自分たちの今がある、

芯の通った塔鼻野球を尊敬する。と。

 

                          

        

        

OABで高校野球に精通しているS先輩は、

塔鼻監督の優しさ溢れる話などを聞かせてくれました。

鶴工時代には、入院しているエースを心配し、

練習がおわった後に、毎日見舞ったこと。

毎年の年賀状に、

甲子園への思いを綴った短歌で表現していること。

自分と生徒との関係は恋愛と一緒だとして、

どんなことにも常に熱く向き合ってきたんだそうです。

その姿勢は、記者としても、

多くを学ぶものがありました。

さて、教え子さんを含め、S先輩たちは、

最後に、こうおっしゃいました。

「...お疲れ様じゃない。

 本当、ありがとうだよね。」と。

               

                

            

     

 

塔鼻監督、ありがとうございました。

 

 

               

             

 

                  

                          

      

kokoyakyu20150716.jpg

OAB高校野球HP:http://oab5589.com/ 

高校野球twitter:https://twitter.com/OAB5589 

 

                          

                     

         

       

 

 

                      

 

             

                      

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

          

2015年7月15日

応援夏~国東ナイン~。

                   

                   

                      

                       

きのうの午後9時6分。

試合開始の夕方5時50分から、

およそ3時間の熱戦終了が、

別大興産スタジアムに告げられました。

今大会、3回目となる延長戦となったのは、

大分上野丘対国東です。

試合は、国東が序盤から劣性に立たされました。

初回に上野丘に3点を先取されます。

しかし、3回に早々に追いつくと、

その後は乱打戦に。

上野丘が勝ち越せば、国東がその差を迫る。

ひと時も目が離せない展開でした。

             

 

 

 

しかし、4回まで、国東は、

唯一スタメン入りができなった3年生がいました。

背番号2キャッチャーの一森一也くんです。

国東には、3年生が7人。

染矢監督に話を聞くと、

「苦しい状況があった中、この3年生が

 チームを盛り立ててくれた。

 キャプテン中心に本当に成長した。」といいます。

そんな中で、唯一スタメン出場できなかった、一森くん。

実は、試合当日にチームと合流しました。

大会前の練習中、打球が顔面を直撃し、

治療が必要だったため、

当日の朝まで、入院をしていたんです。

「どうしても、仲間と野球がしたかった」

「何がなんでも、最後の夏の舞台に立ちたかった」と、

医師の判断の下、仲間のもとに駆け付けたそうです。

 

              

            

 

しかし、ベンチスタート。

「仲間に申し訳ない気持ちでいっぱいだった」と、

振り返る一森くん、2点を追いかける展開の

5回表、途中出場を告げられます。

「もう1点もやらないー。」

そう決意し、グラウンドに入ったそうです。

その後、チームは、

9回までに、4本のヒットを許すも、

打たせて取るピッチングで、

ここ数年大会上位常連の上野丘を苦しめます。

一森くんも、エース宮川を最大限にリードし、

チームを鼓舞していました。

そして、9回裏。

8-7と1点差に迫った、

1アウト満塁の場面で、打席には、一森くん。

デッドボールでしたが、同点のランナーを返します。

しかし、延長10回表 上野丘の攻撃。

バッテリーに守備の乱れも重なり、

2点を追加され、裏の攻撃を迎えます。

この回先頭バッターの泉がレフト前ヒットで出塁。

逆転サヨナラの望みをつなぎますが、

後続がなく、ゲームセット。

国東の夏が終わりました。

 

 

 


試合終了後、染矢監督は、

「初回の3点こそ仕方なかったが、

負ける雰囲気はなかった。

本当に勝たせてあげたかった。

3年生7人と一日でも長く野球がしたかった」と。

そして、けがをおして出場した一森くんは、

こう話してくれました。

「高校野球は、僕の宝物。

 最高の場所でした。ありがとう。」と。

目からは、大粒の涙があふれ、

言葉少なでしたが、

泥だらけのユニフォームが、

「勝ちたかった」と伝えてくれていました。

          

           

 

       

そして、球場を出ようとしたとき、

どこからか聞こえてきました。

「国東、かっこよかったよな」と。

ナインにも聞こえているといいな。

 

 

 

                     

                 

 

           

                 

 

 

               

                    

                

                

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                

 kokoyakyu20150715.jpg

 (試合終了後の国東ナイン)

OAB高校野球:http://oab5589.com/

OABtwitter:https://twitter.com/OAB5589 

 

 

                        

                      

                

             

             

 

 

               

                

               

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

             

                

                 

                   

                       

 

             

   

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

            

              

          

2015年7月 6日

応援夏2015~開幕~。

           

            

                

  

                  

          

            

年に1度。

大分の全高校球児が集まる場所、開会式。

今年も観に行ってきました。

ブラスバンドに合わせた堂々の行進。

会場の拍手。みんなの笑顔。

いつ見ても、胸が高鳴ります。

                        

              

             

 

行進前に、

「緊張します!」と声かけてくれた

プラカードを持つマネージャー。

「背番号もらえました!」と、

報告してくれた、選手。

「最高の応援します!」と、笑顔の選手。

この日を心待ちにしていた

たくさんの顔に会えました。

そして、およそ1000人の球児を代表した

大分雄城台の近藤くんの選手宣誓ー。

本日のスーパーJチャンネルおおいたでは、

ノーカットでその全容をお伝えします。

ぜひご覧ください。

          

           

        

 

そして、今年の高校野球応援ブログは

「応援夏」と題して、綴っていきますので、

読んでいただければうれしいです。

 

               

 

         

          

           

 

 

 

 

 

 

             

                   

              

                  

                        

                

                

       

 

 

 

 

応援夏01.jpg

 

2015年7月 3日

重大発表。

                      

           

        

               

  

本日のカウンターは、

この春から報道部に仲間入りしたWくん。

OABカラーバーズの試合後に

ユニフォーム姿で協力してくれました。

彼もまた、元高校球児です。

この夏、スポーツ班として、

球児のみなさんの活躍を取材します♪

 

              

            

 

さて、OAB高校野球から重大発表です!!

今年の大分大会の試合を

インターネッで生配信しますっ!!

3回戦から準決勝までの模様が

自宅のパソコンから、

お手元のスマートフォンで観戦できるんです♪

卒業して、地元を離れた元・高校球児のみなさん。

当日、球場で観戦できないというみなさん。

ぜひ!!ぜひ!!活用してくださいね♡

注意事項もありますので、

詳しくは専用サイトをご覧ください♪

カッコイイCMも必見です!!

            

                   

       

                    

               

                        

                

      

 

 

kokoyakyu20150703.jpg

HP:http://oab5589.com/live/

 

                           

                    

              

                 

   

                  

                      

                  

                

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2015年6月23日

高校野球と手紙。

                  

                    

kokoyakyu20150623.jpg

                  

                   

きょう、カウントダウンに協力してもらったのは

34歳のお誕生日を迎えたばかりのE先輩です♪

写真撮らせてください、とお願いしたところ、

ノリノリで謎のポーズをとってくださいました。

3月までスポーツ班として、

県内のアスリートを取材してきたE先輩。

 

                       

 

 

高校野球の思い出は?

と、お決まりの質問をすると...

去年、大会期間中に密着した

中津南のマネージャー

土井夏美さんとの取材の話をしてくださいました。

大会キャッチフレーズ「青春満開、勝負の夏」

に込められた彼女の思いや、

部員とともに過ごした夏を1試合を通じて取材。

チームは負けてしまったけれど、

仲間とともに、同じ気持ちで戦う

彼女の姿がとても印象的な企画でした。

そして、負けから数日後のこと。

E先輩のもとに一通の手紙が届いたそうです。

土井さんのお母様から。

「取材ありがとうございました」という

感謝の気持ちが綴られたものだったそうです。

他にはどんなことが書いてあったんですか?

と聞いたけれど、詳しくは教えてくれず...笑

「嬉しかったよね。」

と、照れ臭そうに話すE先輩でした。

                    

                                           

                   

                              

大会まであと12日。

マネージャーのみなさんも、

体調管理をしっかりして

チームを支えてあげてくださいね♡

 

                   

                   

 

 

 

                     

                         

                    

                        

                         

               

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2015年6月18日

最終打席にもう一度。

                  

                          

 

 

                     

           

             

高校野球開幕カウントダウン!!          

きょうのカウンターは、Yカメラマン♪

元高校球児です。

現役時代は、

ショートとして活躍、思い出を伺うと...

Yカメラマン、開口一番

「スクイズ失敗...気持ちがよくわかるんよね」と。

 

                

                                               

 

ご自身の最後の夏。

追加点のチャンスに打席がまわってきました。

監督のサインは、「スクイズ」-。

しかし、失敗してしまったのです。

そのプレーから、流れは相手チームに。

逆転負けで、大会を終えました。

あの最終打席から、

試合が終わる瞬間まで頭はまっしろ。

ショックで何も覚えてないといいます。

自分の経験したからこそ、

中継でその場面にでくわしたとき、

心の中で「頑張れ。」とエールを送るそうです。

                    

                              

                                    

 

その打席に戻りたいですかという私の問いに、

Yカメラマンは。

「戻りたいね~。戻って、悔いのないように

ちゃんと練習もしたい。」

そして、続けました。

「だからこそ、高校生には、

悔いのないように頑張ってほしい。」とー。

中継が始まる18日から

Yカメラマンも球場カメラマンとして

炎天下の中、みなさんの活躍を楽しみにしています。

開会式まで、あと17日。

 

 

 

 

                           

                                

                            

                         

                         

 

 

kokoyakyu20150618.jpg

                             

                      

                                     

                  

 

                        

                               

                              

                          

                          

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2015年6月17日

カウントダウン。

               

                      

           

甲子園への切符をかけて、

いよいよ組み合わせが決まりました!!

どのチームも対戦相手が決まり、

気分が高まっていることと思います。

追い込みの時期で

体力的にも精神的にも

きつい日々だとは思いますが、

けがのないよう練習頑張ってください♪

ということで...きょうから大分大会開幕まで

不定期でカウントダウンを始めます♡

                  

                 

                

 



記念すべき初回を飾ってくださったのは、

元高校球児の音声Tさん!!

中継で携わった大分大会で

印象に残ったシーンを聞いたところ...

2006年鶴崎工業対津久見だそうです。

みなさんは覚えていますか?

                     

                               

                      

                                

 

この試合は、雨で2回の中断を挟み

4時間にも及ぶゲームー。

強力打線の津久見は、絶好調で、

8回までに、10-2と試合を優位に進め、

勝利をぐっと引き寄せていたそうです。

しかし、この後鶴崎工業が

3点差にまで詰め寄ると、

中断を挟み、一気に逆転。

この年、鶴崎工業は

逆転勝利の勢いそのままに、

甲子園へと駆け上がっていったのです。

中継しているスタッフも、

興奮せずにはいられない一戦だったといいます。

今年は、どんなドラマが

繰り広げられるのでしょうかー。

             

             

 

開会式まであと、18日。

次回もお楽しみに♡

 

 

 

 

 

 

 

                   

2015kokoyakyu01.jpg

                        

                        

                       

                       

                      

2015年5月28日

作戦会議。

                      

                      

                    

                       

                       

                              

                            

             

20150528mays.jpg

                      

                                      

                         

                   

                    

                   

きょう午前10時、OAB本社前の様子です。

編成のG部長と、Yさん、Tさんが

何やら悩ましげな様子です。

きょうは、高校野球のCM撮りだったのですが、

よりよいものを届けたい!という思いのもと、

急遽、作戦会議が開かれたのです。

こんな映像で、こんな曲を使いたい。
イメージがどんどん膨らんでいきます。

CMってたった15秒ですが、

完成するまでにほんとうにたくさんの準備があって、

とっても時間をかけて作られているんですよ~。

どんなCMになるのか・・・・・

またブログでお知らせしますね♡

                      

                       

 

                  

                          

                          

                         

高校野球は、「JIMOTTO! OAB」

HP: http://oab5589.com/

twitter: https://twitter.com/OAB5589

 

 

                                 

                           

 

                                         

                                      

                                       

                                        

                                                  

                              

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2015年5月25日

5589全力応援。

          

                     

                     

                       

きょうの5スタでも紹介しましたが、

高校野球ファンのみなさま、

お待たせいたしました!!!!

OAB高校野球サイト、きょうオープンしました。

スーパーJチャンネルおおいたで紹介する

チーム紹介のスケジュールはもちろん、

戦力分析、組み合わせ、

試合の日程も充実しています。

もちろん、twitterも連動していますよ~。

ぜひ観戦のおともに、活用してくださいね♡

ちなみに、キラリの放送開始は、

来月1日からの予定です。

高校野球は「JIMOTTO OAB!」です♪

               

                 

   

 

                   

                       

                         

                 

                      

                    

                           

20150523may.jpg

専用サイト:  http://oab5589.com/ 

twitter: https://twitter.com/OAB5589

                         

                            

                          

                             

   

                                  

         

                

                       

                  

2015年5月18日

甲子園。

                    

                    

「甲子園ー」。

                    

 

私も、夢見た一人です。

なぜって、高校生のとき、放送部に所属。

夏の大会に勝ち、全国で優勝すると、

そのご褒美として、

「春の選抜高校野球 総合司会」

という大役を任せてもらえるのです。

とにかく、その司会がやりたくって、

やりたくって。やりたくって。

甲子園の舞台に立ちたくって。

甲子園を目指して頑張りました。

でも、頑張りは実を結ばず、

その舞台に立ったのは、同じ高校の同級生でした。

だから、社会人になって、

取材で春・夏の甲子園に行けたときの感動ったら、

それは、それは、本当に大興奮でした。

そう。私が例外でないように、

甲子園を目指すのは

高校球児だけではないんです。

                    

              

                

                   


OABでは、きょうの深夜

審判として甲子園を目指した

一人のスリランカ人男性を追った

ドキュメンタリー番組を放送します。

                 

 

野球が好きな人、そうでない人、

甲子園を目指す高校球児、

目指していた高校球児、

高校球児を持つお父さん、お母さん。

スポーツに関わる方、そうでない方、

全ての方に見ていただきたいです。

高校時代に出会った「野球」から、

なぜ審判を目指したのか、

彼が本当に伝えたいことはなんなのかー。

OABが約10年かけて追った彼の姿を、

ぜひ、ご覧ください。

 

 

                  

                             

                         

                             

            

                      

 

 

20150518mays.jpg

サイト) http://www.tv-asahi.co.jp/telementary/

 

                        

 

                             

 

 

2014年10月28日

帰ってきた、エース。

 

 

 

春のセンバツ出場を占う九州高校野球。

県代表の明豊あと一歩...で

涙をのみ、本当に、悔しさが残る試合でした。

実は、前日の試合でおよそ半年ぶりに

公式戦のマウンドに帰ってきた選手がいました。

背番号10番の前田剛くんです。

中学生の頃からその存在は県内でも評判で

どの高校も獲得に動いたと聞いています。

明豊でも1年生の夏からベンチ入り。

去年の夏もその投球と

マウンド度胸に注目が集まりました。

しかしー。右肩を故障。

今年春の大会を後に、

レギュラー入りするどころか

投げられない日々が続いたのです。

夏は背番号すら貰えず、

彼の姿はスタンドにありました。

 

 

 

 

「野手に転向しようー」

投げられない日々が耐えられず、

野球もまともにできないことへの焦りもあり、

そう考えたそうです。

その思いを、監督に伝えると、

「諦めるな。待ってるから。」と言われ、一念発起。

九州大会で投げることを目標に

復活することを目指して、

ただただ練習したといいます。

そして、見事復活を遂げたのです。

初戦では、8回から登板。

応援は全く聞こえなかったというほど

緊張と集中をしていたそうですが、

2回を投げきり、0点で抑えました。

 

 

 

 

 

試合後、山中君にエースナンバーを

明け渡すことになったことへの

悔しさを聞くと、前田くんは、きっぱり。

「ライバルなので。いい刺激です。」

半年ぶりに帰ってきた彼は、

心も強くなっていたように感じました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 may20141026 mhyb.jpg

 

 

 

 

2014年10月23日

世界へ。

 

 

 

 

 

以前このブログでも紹介した

高田高校の片岡勇人くん

片腕にハンデがありながらも、

野球に打ち込んでいた少年です。

実は、この夏、球場で、

1年ぶりに再会していました。

 

 

 

 

再会だけでも嬉しいのに、

なんと、報告がありますと、

ここに来ればいるのではと、

わざわざ球場で探してくれたんだそうです。

そして、「世界大会に行きます」と。

「日本代表に選ばれました。」と。

大会は、障がい者野球世界大会、

もう一つのWBCと言われている大会なんです。

とっても嬉しそうに話してくれた片岡くん。

いろんな葛藤を知っていただけに、

その報告は、私にとっても嬉しいものでした。

 

 

 

 

大会は来月。

来週月曜日の「じもスポ」では、

いろんな葛藤を乗り越え、

世界に挑む彼の今をお伝えします。

ぜひ、ご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

may9501.jpg

(この夏、報告に来てくれた片岡くん)

 

 

 

 

 

 

 

 

2014年10月22日

運命の瞬間。

 

 

 

 

あす、プロ野球ドラフト会議が開かれます。

大分の高校生からは、2人が志望届を提出。

大分高校の佐野皓大くんと、

大分商業の笠谷俊介くんです。

笠谷くんは、先月6日に、

佐野くんは、18歳の誕生日に提出しました。

 

 

 

 

いつもエースとしてチームを引っ張り支える2人。

会うときは、グラウンドか球場で

いつも、戦う目をしていて、キリリとしていて。

弱音や不安なんて聞いたことがありませんでした。

でも、今回の放送では、高校生らしい2人の

表情もお伝えできると思います。

 

 

 

 

ぜひご覧ください。

きょう午後6時27分から放送です。

 

 

 

 

 

 

 

2014102201.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2014年10月 9日

春へ。

 

 

 

 

 

 

 

 

来春のセンバツを占う

九州大会へ出場する2校が決まりました。

明豊高校と柳ヶ浦高校のみなさん

まずは、出場権獲得おめでとうございます。

今大会は、

タイミングよくいろんな試合を観に

球場にいくことができ、

来年の夏につながる

選手の取材もできました。

それにしても、

楽しみな1年生投手がたくさんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

may20141009.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2014年9月11日

センバツへ。

 

 

 

 

 

 

春のセンバツを占う重要な大会となる

秋の九州高校野球。

今月末の開幕を前に、

きょう組み合わせが発表されました。

やぐらを見て一言...

すごい戦いになりそうです!!

どれも目が離せない戦いになりそうです!!

 

 

 

センバツの重要参考資料となる

九州大会へ進めるのは、上位2校。

夏の悔しさをぶつけて、

その切符を掴むのは、

どの高校なのでしょうか。

開幕は、今月20日です。

臼杵市民球場までどうやっていこうかな...

と、早くも観戦で頭を悩ませています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

may20140911.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2014年8月14日

実は...。

 

 

 

 

 

 

甲子園に初出場した、大分高校。

実は、母校でした。

そして、佐野監督は私の夢を

高校生活で支えてくれていた恩師です。

こんな話をするのもどうかと思いましたが、

この場をかりてお話しをさせて下さい。

 

 

 

 

私は、高校時代から

アナウンサーになると決めていましたが、

当時は、「無理だよ~」と言われることのほうが多く、

諦めかけていました。

でも、その話をしたときに、

佐野監督が一番最初に

「大丈夫、頑張ろう。諦めたらダメで。」

と、背中を押してくれたんです。

あの言葉がなかったら、今の私はなかったでしょう。

高校を卒業して、

大学時代も幾度となく面接に落ちる私に、

「頑張りなさい。大丈夫」と言ってくれていたのも、

また、佐野先生でした。

あのとき、先生から送られた

「諦めたらダメ」という言葉は、

創部からずっと甲子園を諦めてなかった

佐野先生だからこそのエールだったんだ

と、今、改めて感じています。

 

 

 

 

 

 

 

 

may8798.jpg

(お土産で頂いたタオルに刻まれた初出場の証)

 

2014年8月12日

高校野球2014~甲子園へ~。

 

 

 

 

 

 

 

きょう、いよいよ大分高校が初戦が迎えますね。

昨晩、大分からバス12 台で応援へと出発。

取材に伺ってきました。

こちらで応援練習を重ねてきた1,2年生の部員たちも

「応援で勝利を後押しできるよう頑張ります!」

と、意気込みたっぷり!

笑顔で甲子園へと向かいました。

大分代表の夏が、

全国で一番長い夏になるといいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 may558903.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2014年8月 6日

高校野球2014~イタコウの夏~。

 

 

 

 

 

 

いよいよ決まりましたね。

大分代表・大分高校の初戦は、

大会2日目第3試合、新潟代表・日本文理です。

2年連続8回目の出場で、今大会は、

春の雪辱をと意気込む、強豪です。

2009年には準優勝もしています。

しかも、今年は県内無敗を誇り、

この夏の県大会決勝では、

サヨナラ勝ちで甲子園への切符を掴んでいます。

注目は、右腕・飯塚くん。

185センチの長身から繰り出されるストレートは、

プロも一目置いているんだそうです。

大分高校佐野くん要する大分高校が、

飯塚くんをどう攻略するかが鍵を握りそうです。

スーパーJチャンネルおおいたでは、

あさってから、現地リポートを交えて、

大分高校の様子をお伝えします。

大分の代表の夏が、全国で一番長い夏になりますように。 

 

 

 

 

 

 

 

 

may9806.jpg

  

 

 

 

 

 

 

 

2014年7月25日

高校野球2014~オモイ~。

 

 

 

 

 

 

 

大分高校の初優勝で幕を閉じた、夏の高校野球大分大会。

今年もたくさんのナミダや笑顔に立ち会いました。

3回戦で夢散った大分高専には、

元気な1塁ランナーコーチャーがいました。

コーチャーズボックスから響く

「いけ~!走れ~!打て~!」には、

見ている私も元気をもらいました。

また、2年連続の決勝進出を狙っていた大分上野丘。

割れんばかりの会場の声援には、

応援する側の熱い思いを垣間見ました。

どれも忘れられない、瞬間です。

 

 

 

また、甲子園まで、あとアウト一つとしながらも、

その切符を掴むことができなかった明豊。

選手たちはみな、倒れるようにして、

その場で泣きつくしました。

そして、3年生のある選手は、こう言いました。

「いやだ。高校野球終わりたくない。」

県内でも練習量が多いことで有名なチーム。

きっと苦しいことのほうが多かったことと思いますが、

甲子園への思いが強く伝わる一言でした。

そして、嗚咽をあげ泣き、

立ち上がれずにいる選手1人ひとりに、

監督が何か声をかけていました。

「大分高校が喜んでいる姿を目に焼き付けろ。

 そして、その悔しさをグラウンドに持って帰ろう」

と、声をかけていたんだそうです。

泣き腫らしながら、顔を上げ勝者を見る目には、

新たな戦いの始まりを感じました。

きっとこの大会で涙した他のチームの

1,2年生も同じ気持ちでいることと思います。

今、グラウンドでどんな気持ちで練習しているのでしょうか。

各チームでは、練習試合がどんどん決まっていると聞いています。

敗者たちの雪辱の夏が、始まりました。 

 

 

 

 

 

そして、去年から続けている

夏の高校野球県大会シリーズブログは、

今年は、これが最終回です。

球場で「楽しみに読んでます!」と、

声をかけて下さったみなさん、

本当にありがとうございました。

また来年です・・☆ 

 

 

 

 

 

 

 may8910.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2014年7月23日

高校野球2014~帽子の裏の決意~。

 

 

 

 

 

大分高校の佐野投手の帽子の裏には、

こんなことが書かれています。

「自信・柱・家族・笑顔」

そして、その周りにはアルファベット。

何を表しているのかを聞いたところ

家族の名前の頭文字と、

ベンチに入れなかった3年生の仲間と戦うため

みんなの頭文字を書いたんです。と。

自分のために戦う夏ではなく、

仲間のために、との彼の決意は

この夏チームを支えています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

may9503.jpg

 

HP:http://oab5589.com/

Twitter:https://twitter.com/OAB5589

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2014年7月22日

高校野球2014~一緒に~。

 

 

 

 

綴りたいことがたくさんで、

まさかの本日2回目の更新。

懲りずにご覧いただければ嬉しいです。

先週から、実況生中継で

高校野球の熱戦をお伝えしているOAB。

そこには、スタンドを駆け回っている

2人のリポーターがいます。

自分の目でみて、気になったものを探して、取材。

リポートするネタは、その日に見つけるため

時間との戦いで、プレッシャーでもあります。

さらに取材をしても、放送時間の都合上

紹介できないこともあります。

短い時間で、そのチームの応援を伝える。

葛藤ばかりです。

でも、そのチームの一員になったような気持ちで

スタンドで取材しています。

担当したチームが負けたら、本当は泣きたいです。

勝ち上がったら、同じように嬉しいです。

中継も残り3回ですが、

取材している彼女たちを見て

声をかけられることがあったら、

ぜひ協力してください。

お願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

may9509.jpg

 

HP:http://oab5589.com/

Twitter:https://twitter.com/OAB5589

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2014年7月22日

高校野球2014~挨拶~。

 

 

 

 

 

 

 

「みなさん、こんにちは。

 日田林工高校です。

 きょうは僕たちのベスト8をかけた

 負けられない戦いです。

 両校とも正々堂々と戦います。

 暑いですが、みなさん、応援宜しくお願いします。」

 

 

 

 

 

 

 

びっくりしました。

夏の球場には、幾度となく足を運んでいますが、

初めてみた光景でした。

試合前ノックが終わると、

日田林工高校の応援団が

そうやってバックネット裏の一般観覧の人たちに

挨拶をしたんです。

球場にいた人たちは、その挨拶に拍手。

応援してもらいたい、力を下さいという思いに

そして何より、観客への心配りにも

試合前の会場は、温かい気持ちに包まれました。

結果は、杵築の強力打線を前に

10-3で負けてしまいましたが、

スタンドから応援する10人目のプレーヤーとともに

戦ったこの夏は、とっても輝いていました。

そして、挨拶って大事ですね。

スポーツからまた教えられました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 may9502.jpg 

 (林工のスタンドに飾られている応援メッセージ)

HP:http://oab5589.com/

Twitter:https://twitter.com/OAB5589

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

2014年7月21日

高校野球2014~王者のナミダ~。

 

 

 

 

 

 

甲子園を目指す高校野球も、いよいよ大詰め。

深紅の優勝旗を手にするその瞬間まで

残すところ、あと3日となりました。

きょうこの時間は、ベスト4残り2席をかけて

4チームが戦おうとしています。

しかしきょうこれまでに、

41チームが涙を拭ったことも事実です。

きょうからは、そのチームの姿をいくつかお伝えします。

 

 

 

 

まずは、王者大分商業。

去年の決勝と同一カードが準々決勝であたるという

一戦とだけあって、注目度も抜群。

集客も開会式と同じくらいだったのではないでしょうか。

中でも高校野球ファンのみならず、

みなが注目したのは、中学のチームメイト

大分商業笠谷くんと、大分上野丘梅木くんの対決です。

互いに打たせないように、意識していたそうです。

しかし均衡を破ったのは、梅木くんの一振りでした。

投げても変化球を自在に操り、試合の主導権を握り、

5-0で大分上野丘が完封勝利。

去年の雪辱を果たしたのでした。

そして、球場に鳴り響いた試合終了のサイレン。

その時です。

大分商業の笠谷くん。

一番始めに、ベンチから出てきて、笑顔で凛と整列。

その姿にとてもさわやかな気持ちを覚えました。

追いかけられる立場で、更にエースで好打者で主将。

私達が知る笠谷くんは、いつも強きで勝気。

取材で話をしていても、弱気な言葉を聞いたことはありません。

でも、エースとして主将としてプレッシャーに耐え、

1人で葛藤していたこともあったと思います。

そんな彼の顔が変わったのは、

挨拶が終わり、ライバル梅木くんと抱き合ったとき。

冷静さを装っていましたが、顔がくしゃっとなり、

この日初めて涙を拭いました。

そして、梅木くんに言ったそうです。

「ナイスピッチングー」

悔しさを押し殺して、ライバルを労い讃えた笠谷くん。

そのナミダと言葉の奥には、

最後まで前回王者としてのプライドが見えたように感じました。

 

 

 

 

 

 

次回は、日田林工をご紹介します。

 

 

 may9500.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2014年7月18日

高校野球2014~リベンジの夏~。

 

 

 

「大分上野丘 対 佐伯鶴城」ー。

 高校野球ファンなら、このカードを見て

「お!!」と、言わずには、いられないと思います。

なぜって、去年の準々決勝で

白熱した戦いを見せた1戦がこのカードだったからです。

 

 

 

互いにノーシードから勝ち上がった、去年の7月20日ー。

試合は、佐伯鶴城が初回に先制。

5回まで緊迫した投手となりました。

そして均衡が破れたのは6回、

上野丘が同点HRを放ちます。

そのあとから、マウンドを任されたのが、

きょう先発の佐伯鶴城・増永くんです。

しかしあの日、増永くんは制球が定まらず

最終回、痛恨押し出しデッドボールでサヨナラ負けでした。

 

 

あの日から「成長するー」と、リベンジを誓った増永くん。

精神的にも強くなって帰ってきました。

今大会、降雨ノーゲームを含む3試合で先発

仲間とともに勝ち上がり、

きょう再び甲子園をかけたこの大会で、

大分上野丘と顔を合わせたんです。

春の大会でも4-3で負け、逃げのピッチングをした自分に

悔しさを覚えていた、増永くん。

「なんとしても勝つ」

そのことだけを考えてマウンドに立っていたそうです。

 

 

 

 

しかし、試合は序盤劣性にー。

それでも、仲間を信じ勝てると強気のピッチング。

すると、チームは、上野丘の橋本くんから変わった

梅木くんの立ち上がりを攻め逆転に成功します。

しかし...初戦からほぼ1人で投げ抜いていた彼、

上野丘打線につかまり始めます。

そして...9回ウラ、上野丘の好走塁で逆転サヨナラー。

リベンジを誓った佐伯鶴城の夏が終わりました。

結果は、負けてしまったけれど、

8回ウラの2アウトランナーなしの場面での三振。

ランナーを背負った場面での三振。

気迫のガッツポーズ・・

どれも、鳥肌が立つほど

「勝つ」ことへの執念が詰まっていました。

 

 

 

 

 

そして、試合終了後ー。

「自分のチカラは絞りだした。悔いはない。

 今は一緒に戦ってくれた仲間に感謝したい。」

そう話してくれた彼の目には、もう涙はありませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

may9010.jpg

HP:http://oab5589.com/

Twitter:https://twitter.com/OAB5589

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2014年7月15日

高校野球2014~OABナイン~

 

 

 

大会は、10日目。

その盛り上がりも日に日に増していますね。

 

 

 

 

さて、あすから中継が始まるということで

OAB社内もその準備に追われています。

きょうは、その話をさせて下さい。

開会式の放送にも携わっていたので

球場で「OABスタッフ」と名の背番号を背負った

スタッフを見たという方も少なくないと思います。

野球の中継には、驚くほどの人が関わっています。

まず、試合を追うカメラさん。

6台の固定カメラがあるので最低でも6人です。

さらに、中継車と言われる中継の心臓部には、

試合の流れ見て放送を決めるディレクターさんに、

たくさんのカメラが撮った試合の映像から

映像で描写していくスイッチャーさん。

文字で試合経過やバッターを紹介するタイトルさん。

放送席には実況AN、解説者、さらにそこには

時間を管理し指示するフロアさんがいます。

もちろん、スタンドリポーター2人もです。

ここに報道の記者やHP更新スタッフ、

この時期だけのアルバイトさん、

本社で動いているスタッフもいるので、

ざっと30人はいるでしょうか。

いえ、もっといるかもしれません。

このうちの誰1人として欠けることができません。

 

 

 

 

これ、高校野球と同じです。

いえ、どのスポーツとも同じです。

スタンドの応援があるからこそ、

頑張れる選手がいるのと同じように

放送を見えないところで支えるスタッフが

スタンドの応援のように力強く、

どっしりと構えているからこそ

安心して、放送できます。

放送するか決めるディレクターは、監督のように

そして、みなさんの目に見えている

カメラさんやリポーターたちは、

OABの選手として、戦っています。

戦う相手は、炎天下の暑さと、放送時間ですが。

外での中継は、ニュースでは見られない

テレビの裏側を生で見られるまたとない機会なので、

興味があったらぜひ、OABナインも見てみてくださいね。

 

 

 

 

 

 

久しぶりにブログが長くなってしまいました。

最後までお付き合いしてくださったみなさん、 ありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

may8000.jpg

(中継カメラさん 高さもあるので怖いんですよ)

HP:http://oab5589.com/

Twitter:https://twitter.com/OAB5589

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2014年7月11日

高校野球2014~開幕~。

 

 

 

 

 

 

 

 

台風8号も熱帯低気圧になりましたが、

ブログをご覧いただいている皆さんの地域では、

被害はなかったですか。大丈夫ですか。

 

さて、私としたことが

すっかり遅くなってしまいましたが、

今年も行ってきました、夏の高校野球県大会

開会式は、いつ見てもいいですね。

なぜか私まで胸が高鳴ります。

週末観戦、皆勤賞狙っている、椎木...

球場で真剣にみている私にひかないでくださいね。笑

そして、先日の週末

一緒に野球談議をしてくださったおじさま方...

楽しい時間をありがとうございました♡♡

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

may7000.jpg

HP:http://oab5589.com/

Twitter:https://twitter.com/OAB5589

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2014年7月 3日

高校野球2014~163~。

 

 

「163」-。

 

 

 

 

 

きょうこれまでにOAB高校野球HPの

夢甲子園2014に集まったメッセージの数です。

届いたメッセージを読むのが

毎日の日課になりました。

先輩から後輩へ。

後輩から先輩へ。

ライバルからライバルへ。

お母さんから息子さんへ。

マネージャーから仲間に。

高校野球ファンの方から高校球児に。

本当に、一つ一つのメッセージにも

「甲子園」への思いが込められています。

みなさんも、日ごろ言葉に出来ない思いを

OAB高校野球ページに綴ってみませんか。

試合中継が始まれば、

実況アナウンサーを通じてメッセージが届けられます。

24時間受け付けているので

球場に行けない人はもちろん、球場に行く人も

ぜひ応援ツールとして活用してみて下さい♡

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

may3059.jpg

HP:http://oab5589.com/

Twitter:https://twitter.com/OAB5589

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2014年7月 2日

高校野球2014~応援~。

 

 

 

 

 

先日、甲子園を目指していた選手から

こんな話を聞きました。

「もっと、仲間のことを応援すればよかった」と。

 

 

彼は、ベンチ入りメンバーでしたが、

出場機会がなかなかもらえず、苦しんでいたそうです。

さらにその悔しさを上手くプレーで返せず、

活躍する仲間への「うらやましさ」が、

「どうせ俺は」と卑屈に変わってしまったといいます。

それから上手く仲間を応援できず、

甲子園への思いも次第に遠のき、

自分も練習に身が入らなくなったそうです。

でも、今それを後悔しているとー。

あの時しっかり同じ目標をもってチームにいれば、

結果は変わっていたんじゃないかと。

離れてみて、今「応援」の大切さがわかったと。

また、ある監督はいいます。

グラウンドでプレーをしている選手以外の

モチベーションが高いかどうか、

応援してくれているかどうかで

チームの雰囲気も変わり、

それは苦しい場面での勝機に繋がると。

甲子園に行くために必要不可欠な要素だと。

 

 

恥ずかしながら、私も自分の不甲斐なさにばかり気を取られ、

仲間の活躍を応援できなかったことがあります。

そして大人になった今、

彼と同じように私もまた後悔しています。

土曜日から始まる高校野球県大会。

プレー以上に、たくさんの「応援」にも、

球場で出会えるのが楽しみです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 may5050.jpg

HP:http://oab5589.com/

Twitter:https://twitter.com/OAB5589

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2014年6月18日

祝・開設。

 

 

 

 

 

私のようなスポーツ大好きなみなさまに。

高校球児を応援するみなさまに。

白球を追うお子さん、彼氏、お友達を応援するみなさまに。

お知らせです。

OABのSNS第1号が、 きょうオープンしました。

OAB高校野球 Twitterデビューです♡♡

応援メッセージを受け付けるほか、

OAB高校野球HPの更新状況のお知らせなどなど

この夏の大会に関することを発信します♪

夏の観戦のおともに。

応援のおともに。

もちろん選手のみなさんも、

モチベーションを上げるための一つとして。

ぜひぜひご活用下さい♡

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

may3012.jpg

 

HP:http://oab5589.com/

Twitter:https://twitter.com/OAB5589

アカウントを持っている人は、

Twitterを開いて、OAB高校野球で検索して下さい♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2014年6月 6日

高校野球2014。

今月2日からスタートした「夢甲子園!2014キラリ」。

きのうは、そのコーナーをPRすべく

スタッフの皆さんと一緒にCM撮影をしましたよ~(^U^)/

来週始めぐらいから、放送されるとのことです♪

さて、最近仕事帰りに、22時も近いというのに

重た~い野球バックを片手に帰っている高校生をよくみかけます。

今はきっと夏前、最後の追い込みの練習中。

一番きつい日々を送っているのではないでしょうか。

背番号発表のそのときにむけて、

週末の練習試合も佳境にはいっていると思います。

また、梅雨入りをしたので、

まだまだ体を動かしたりない!まだまだ練習したい!

そうもどかしい気持ちを持っている選手もいるでしょう。

でも、ケガにだけは気をつけて下さい!!

夏の甲子園開幕まであと29日。

そして運命の組み合わせ抽選会は、18日です(^U^)

そして、そして今年は抽選会に長島三奈さんが来てくださいます♪

私も1年ぶりにお会いするので、楽しみです♡

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高校野球ファン必須サイト!!

OAB高校野球サイト : http://oab5589.com

 

 

may2052.jpg

 

(CM撮影の様子♪15秒ですが、たくさんのスタッフで作ります)

 

 

2014年5月28日

5589。

5589。

というナンバーを出勤中に発見しました。

スポーツ好きな私は、高校野球だ!と思って

こちらのドライバーは

高校野球が好きなんだなと

勝手な想像を巡らせた椎木です。笑

さて、今年もスーパーJチャンネルおおいたでは

各高校の戦力や意気込みを紹介する

「夢甲子園!2014キラリ」をお伝えします♪

放送は、来週月曜日からです。

HPもできました☆

放送予定も確認できますよ~(^U^)/

番組とHPをぜひぜひご覧ください♡

 

 

 

 

 

 

 

 may2030.jpg

OABHP : http://oab5589.com/

 

 

 

 

 

 

2014年2月26日

夏に向けて。

 

 

 

 

きょうは、春の高校野球の抽選会でした。

組み合わせが決まりました。

高校球児の球春到来です。 

 

 

 

 

 

秋の大会から新チームで始動し始め、

新たな課題が見つかり、

来る夏に向け、それぞれに克服した冬。

 

 

 

 

 

 

選手たちのどんな成長が見られるのか

どんなチームの仕上がりになっているのか...

どんな布陣なのか...

夏にみた気になるあの選手がどうなっているのか...

知りたいこと、確認したいこと、見たいことが

たくさんあって、本当~に、楽しみです。

大会は、来月22日から。

別大興産スタジアムと

臼杵市民球場で開催されます。

順調に日程が進めば、

決勝は、4月2日の予定です。

何試合観にいけるかな~♪

手帳に忍ばせて予定とにらめっこ中です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

may363.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2013年8月15日

もう一つの大分代表。

 

 

熱戦が続く、甲子園。

大分商業は

初戦で負けてはしまいましたが、

実は、もう一つの大分代表たちが

甲子園では戦っています。

 

 

 

野球留学を決めた

大分出身の選手たちです。

調べただけでもこんなにいました。

 

 

 

福岡代表・自由ケ丘の

渡辺選手と、岩切選手。

宮崎代表・延岡学園の

柳瀬選手、梶原選手、

井手選手、野崎選手。

稙田南や、東部中、浜脇、

佐伯南...と、中学時代

ボーイズで活躍していた選手ばかりです。

大商の選手の同級生や

一緒に戦っていた仲間もいます。

 

 

 

古里を離れ、甲子園を目指す。

 

 

 

 

野球留学には、賛否両論あると思います。

でも、本人たちも、進学先を決めるとき、

それは勇気のいる決断だったと思います。

もちろん、大分大会で

その姿を見られなかったのは、

高校野球ファンとして、寂しさがありますが、

それだけ「甲子園」という場所が

高校球児にとって大きい存在なんだなと

改めて思いました。

 

 

 

大分にも、親元を離れ、ここ大分で

甲子園を目指す決意をした選手が

たくさんいます。

たとえ出身は違えども

ここで頑張ろうと決意した選手たちを

他の県で頑張ろうと決意した選手たちを

私は、同じ大分代表として、応援したいです。

 

 

 

頑張れ~!!

 

 

 

 

 

 may118.png

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2013年8月 8日

2013夏~16年ぶり~

 

 

16年ぶりの舞台に戻った大分商業。

その姿を目頭を熱くしながら

ご覧になったご両親や、OBの方も

いらっしゃたんではないでしょうか。

 

 

 

 

さて、先月、優勝を決めた大分商業の皆さんが

スーパーJチャンネルおおいたに出演して下さった時

1人ひとりに意気込みを書いてもらっていたので、

ここで紹介させてもらいますね。

背番号順です。

 

 

1)笠谷俊介投手

「一戦必勝」

2)水口敬太選手

「おもいきってプレーする」

3)宮崎連選手

「ミスを恐れず全力プレー」

4)乙津颯一郎主将

「大商らしさで全力プレー

 全て出し切り、まず一勝」

5)菅原一貴選手

「笑顔でプレー」

6)衛本慎右選手

「優勝!!」

7)後藤瞭介選手

「好球必打」

8)福地隼人選手

「無心」

9)有田曜佑選手

「積極的にプレーする」

10)日下翔太投手

「甲子園の大舞台で

 勝って校歌を歌う」

11)中野貴仁投手

「積極野球」

12)中牟田和選手

「チームプレイ」

13)雨川晴樹選手

「My play 自分らしさ!!」

14)熊谷京介投手

「全員野球で頑張ります」

15)筒井隆元選手

「smile baseball」

16)森下暢仁選手

「全員野球」

17)芦刈大豪選手

「一発必中」

18)又吉俊選手

「一回でも多く校歌を歌う」

19)松原啓介選手

「甲子園を楽しみます!!」

20)川瀬晃選手

「全力プレー」

マネージャー 岡本詩奈さん

「みんなで校歌を歌う」

マネージャー 長峰美紗希さん

「2回戦目にベンチでスコアを書く」

 

 

大商の初戦は、あすの第3試合。

大分の代表として戦う姿を

後押しできるよう

ここ大分からもエールを送りましょう♪

 

 

 

 

 

may114.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2013年8月 7日

あすは...。

 

夏の甲子園が開幕しますね。

楽しみー!!と、叫びたいところですが、

その気持ちを、ちゃんと抑えてあすを待ちます。

とはいえ、あすも仕事のため

もちろん、叫びません。心で叫びます。笑

中でも楽しみなのが、熱闘甲子園。

昔から番組の大ファンで、

当事者でもないのに、一緒に涙します。

心奪われます。

今年は、キャスターを務めている三奈さんを

OABの番組にお迎えしたこともあって

例年以上に、楽しみな椎木です。

 

 

 

 

また、この仕事に就いてからというもの

「この編集カッコいいな!!」とか

「わぁ~こんな仕草きづくなんてすごい!」とか

「この字幕スーパー素敵♡♡」などなど

自分の企画で何か勉強できるものがないか、

そこまで見てしまうようになりました。

選手でもない、野球経験者でもにない

私も楽しめる"熱闘甲子園"は、

ご覧のチャンネルで

あすから決勝戦まで連日放送します。

大商のみんなも映るかもしれないので、

ぜひご覧くださいね♡

 

 

 

 

 

もちろん、スーパーJチャンネルおおいたでも

大商の様子を現地からのリポートで

きょうから連日お伝えしていきますので、

こちらもぜひご覧ください♡

 

 

 

 

 

 

 

may112.jpg

(あだち充さんとコラボした今年のポスター♪)

 

HP:      http://www.asahi.co.jp/netto/

twitter: https://twitter.com/nettoh_koshien

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2013年7月24日

2013夏~大分商~

 

 

 

16年ぶり15度目の甲子園出場を決めた

大分商業の渡辺監督と選手のみなさんが

スーパーJチャンネルおおいたに

出演してくださいました。

 

 

 

私は、今年、途中から高校野球班に合流。

優勝インタビューも担当させて頂きましたが

試合の原稿を書いたり、

どんな狙いで取材に行くか考えたり、

先輩と同期と話し合いながら、大会を過ごしました。

決勝の翌日は優勝校を呼びたい!!!と決めて

上司に掛け合って準備していたので

忙しい中スケジュールを空けてくださった

みなさんに、本当に感謝です。

 

 

 

そして、この大会に出場した2079人の高校球児の皆さん

連日応援でスタンドにいたご家族やお友達の皆さん。

高校野球ファンの皆さん。

運営を滞りなくしてくださった高野連の皆さん。

遅くなってしまいましたが、本当にお疲れ様でした。

 

 

  

負けてしまった48校のみなさん、

もう新チームが始動していて気持ちも新たに

目を輝かせていると思います。

次は秋です。神宮です。

センバツを占う大会がもうすぐそこです。

私学大会と県選手権での活躍期待しています。

 

 

 

 

 

 

IMG_9948.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2013年7月23日

2013夏~2079の夏~

 

 

 

大商の優勝で幕を閉じた大分の夏。

今年は、本当に波乱の大会でした。

前評判なんて関係ない。

本当に「甲子園にいきたい」

「勝ちたいんだ」

その思いが例年以上にぶつかりあった大会でした。

 

そして、たくさんの笑顔と涙がありました。

番組で伝えたのは、ほんの一握り。

伝えられなかったこと

伝えきれなかったことがたくさんあります。

 

悔しかったナミダ。

嬉しかったナミダ。

感動のナミダ。

ナミダ一つとってもたくさんありました。

 

 

その一つ一つのナミダを忘れず

大商ナインには、16年ぶりの甲子園で

大暴れしてほしいとおもいます。

 

 

daisyou01.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2013年7月22日

2013夏~BEST4~

 

6日から始まった

夏の甲子園を目指す戦いも、残り3試合。

大会16日目は、いよいよ準決勝です。

対戦カードからそれぞれの戦力と

見どころを私なりに分析してみました。

 

 

【大分商×大分】

16年ぶりの優勝を狙う大商は、

ここまでコールド勝ちが2つと

危なげなく勝ち進んできました。

チーム打率は、3割9分3厘。

失策は2ですが、失点は4校の中で一番少ない1です。

その最少失点の原動力となっているのが、

2年生エース笠谷くん。

ここまで20回を投げ、許したヒットは12本。

18個の三振を奪っています。

 

その笠谷くんに受けてたつのが、

今大会、打率3割3分3厘と23得点と

得点力のある大分です。

中でも、クリーンナップが心強く

キャプテン坪根くんを中心に、

ここ一番での一本が勝利を呼び込んでいるようです。

しかし、もう1人気を付けたいバッターが

2年生で投手でもある佐野くん。

準々決勝 青山戦では逆転の3塁打を放つなど

投打のキーマンです。

打の大分が、守の大商にどう挑むのか注目です。

 

 

【明豊×大分上野丘】

こちらは、準々決勝で

接戦・激戦をものにした2校が

顔を合わせることになりました。 

2年ぶりの甲子園を狙う、第一シード明豊は、

柳ヶ浦戦で5失点こそしたものの、

ここまで失策0。

打率は、3チーム中3番目の3割2分1厘ですが

1番稲垣くんを先頭に下位打線まで

切れ目のない打線が特徴です。 

また、準々決勝9回2アウトから

劇的な逆転劇を演じた粘り強さにも注目です。

 

一方の上野丘は、ノーシードから勝ち上がってきました。

これまで4試合、失策が4チーム中4と

一番多いのが気になりますが、

どの試合もロースコアの戦いで

勝利を呼び込んでいます。

中でも注目は、ピッチャーの梅木くん。

鶴城戦では、回を増すごとに球速もアップし

そのマウンドさばきは素晴らしいものでした。

打線では、その鶴城戦で同点ソロHを放っている

穴見くんに注目です。

今大会、初戦から絶好調の彼。

勝利を呼び込む一振りに期待が高まります。

 

繋がれば、足と小技で仕掛ける明豊打線に

勢いに乗る上野丘がどこまで封じ込めるられるのか...

 

決戦の模様は、OABで実況生中継中です!!

 

 

may095.jpg

OAB高校野球 http://oab5589.com/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2013年7月19日

2013夏~BEST8~

 

 

 

県内2079人の高校球児が目指す

夏の甲子園。

県大会も終盤に差し掛かり、 

きょう、ベスト8が出揃いました。

 

 

第1シード明豊

第3シード大商、大分、柳ヶ浦

ノーシード雄城台、青山、鶴城、上野丘

今年は、この8校です。

 

 

決戦の場となる別大興産スタジアムでは、

どんな戦いが待っているんでしょうか。

私も、球児たちの熱を。その声を。その姿を。

間近で感じるため、今週も、球場に行きます!!笑

 

 

OABでは、あすも実況生中継で

熱戦の模様をお伝えしますので、

ぜひテレビの前でも

声援を送ってあげてくださいね☆

 

 

 

 

may094.jpg

 

 

 OAB高校野球 http://oab5589.com/

 

 

 

 

 

 

 

 

2013年7月15日

2013年~鶴工の夏~

 

 

 

週末の別大興産スタジアム

明豊・鶴崎工業戦で

一際、目をひくプレーと掛け声で

チームを盛り立てる選手がいました。

 

 

鶴崎工業のセカンドを守る 

キャプテン 堂領信吾くんです。

それは、それはとっても大きな声で

どこから聞こえてくるのかと

目を...いえ耳を疑ったほどです。

なぜって、休日ということもあり、

お客さんの声援もとっても大きかったからです。

 

 

中でも、気迫が伝わってきたのは、3回。

鶴工が守備についているときでした。

 

明豊に1点を追加され2対0となり

なおも、2アウト1,2塁と続くピンチは続きます。

バッターは、明豊のエース岡本くん。

打球は、セカンドベースの方へ...

センターへ抜けるか、抜けないかとても微妙な打球でした。

セカンド、堂領くんは、ワンバンした打球をダイビングキャッチ。

 

 

しかし、ショートもその後ろに回り込んでいたため

セカンドベースには誰もいません。

 

 

ボールをキャッチした堂領くん、

祈るような気持ちだったと思うのですが...

寝ころんだ態勢から手を伸ばし...アウト!!

走り込んできた1塁ランナーを

ギリギリでアウトにしたんです!!

本当にタッチの差でした。

しかし、重要なのは、この後です。

堂領くん、スタンド中に聞こえるような大きな声で、

「うぉー!!!」と雄叫びを上げながら、

ベンチに戻って行ったのです。

 

 

チームのピンチに、キャプテンとして士気を落とさせない。

そして何より「もう1点の差も開かせない」という、

彼の強い気持ちが現れていた場面だったな

これが県内最多の部員数を誇るチームのキャプテンかと

私は、彼のガッツと気迫に鳥肌が立ちました。

 

 

そのあとも、追いかける展開ではあったものの

誰よりも声を出し続けていた、堂領くん。

話を聞く機会はなかったけれど、

あの声は、あの瞬間、いえ、この夏中

鶴工の仲間を助けていたことと思います。

 

 

堂領くん、鶴工3年生の皆さん、お疲れ様でした。

 

 

 

 

 may090.jpg

(鶴工・セカンド堂領くん)

 

 OAB高校野球 http://oab5589.com/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2013年7月10日

2013夏~男の夏~

 

背番号―

高校野球をするものなら、誰しもがほしい背番号。

いえ、スポーツをする人なら、

誰もがレギュラーが欲しいはずです。

 

しかし、大分高校野球部には、

レギュラーはつけることができない

伝統の背番号があります。

応援団長がつけることができる

その名も「男」の背番号です。

 

 

 

ユニフォームを作り直したときに、監督が

「ベンチに入れなかった3年生に終わりでない。

 レギュラーが全てではないことをわかってほしい」

という思いから作ったそうです。

そして、今年3年生の後藤将平くんがもらいました。

3年間、レギュラーに選ばれたことも

背番号をもらったこともなかった後藤くん。

「僕に、男の背番号を下さい!」と志願し、

初めての背番号を手にしました。

 

 

入学当時、大好きだった野球も面白くなくなって

目標を見失い、何度もやめようと思ったという、後藤くん。

でも、その度に、先生が監督が、仲間が

「やめんな。一緒に野球やろうぜ」

と声をかけてくれました。

 

 

その声掛けのお蔭で、今がある。

 

 

そう思った彼は、

「自分が声をかけてもらったように

 応援で声援で仲間にありがとうを伝えたい。

 この夏を支えたい。」

と、誓ったんです。

 

 

後藤君、今大会も

レギュラーの背番号をもらうことはできませんでした。

「でも、いいんです。」と、きっぱり。

 

 

 

「ベンチに入ることが、高校野球じゃない」

「どの高校の応援にも負けませんよ」

そう、笑顔で語ってくれた後藤くんに、

「男」の頼もしさを感じました。

 

 

 

 

may085.jpg

(男の背番号を手にした、大分・後藤将平くん)

 

 OAB高校野球 http://oab5589.com/

2013年7月 9日

2013夏~感謝の夏~

 

きょうから不定期に始めます

椎木が高校野球の球場やグラウンドに行ったとき

テレビでは紹介されない、紹介できなかった

キラリや涙、笑顔をお伝えします。

 

 

 

いつものように野球を観に行った週末。

試合を終え、泥だらけでインタビューを受ける

ある1人の選手の右手に握られた帽子のつばに目をやると

こんな言葉が書いてありました。

「あきらめるな、自信を持て」と。

まさに、週末観た試合は、そんな試合でした。

 

 

 

スーパーJチャンネルおおいたでも紹介した

高田高校野球部3年 片岡勇人くん。

左腕の肩から先に障害があります。

産まれてくるとき、左腕の神経が切れてしまいました。

しかし、そのハンデもなんのその

彼は、自分の野球を見つけ、努力を重ね

この夏、最後の夏...「背番号7」を掴みました。

そして、大会2日目のこの週末、初戦に挑みました。

当日は、朝から緊張しっぱなしで、言葉すくなだったと、母・久子さん。

 

 

 

しかし、プレイボールの瞬間は待ってはくれません。

片岡くん、9番レフトで出場。

初回、先頭打者からいきなり、レフトへ打球が飛んできますが

危なげなく捕球し、安定した守備を見せます。

そして、チャンスは、5回に巡ってきました。

2対2の同点で、1アウト2塁の場面。バッターは片岡くんです。

大事な場面...高田のスタンドは固唾をのんで見守りました。

 

 

 

そして...「セーフティーバント!」

理想通り、思い描いていた通り、完璧でしたと振り返る打球は、

相手の悪送球を誘います。

この間、送られた3塁ランナーがホームイン!!

結局これが決勝点になり、片岡くんのいる高田高校は

6年ぶりの初戦突破を果たしました。

 

 

 

試合後、話を聞きに行くと、片岡くん

私の顔を見るなり、「緊張した~もう心臓バクバクでした。」と一言。

そして、「嬉しいっす!泣きそうになりましたよ~!」と、

満面の笑みで、しっかり勝利の味を確かめていました。

 

 

 

そして、今大会、片岡くんはある決意をしていました。

「お母さんに感謝を伝えたいー」

 

小学校2年生から、休みの日も朝早くから夜遅くまで

送り迎えをし、お弁当を作り、キャッチボールの相手をしてくれた

お母さんに、プレーで気持ちを伝えたいと考えていたんです。

そんな彼に、お母さんへの報告どうする?と聞くと

「勝ったよ~、っていいます」と、

 照れくさそうにはにかむ笑顔は、

泥だけだけど輝いていて、どこか凛々しく見えました。

 

 

 

 

 

may084.jpg

 

 

 OAB高校野球 http://oab5589.com/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2013年7月 8日

2013夏。

 

 

 

大会3日目にして、すでにスタンド焼け...

こんがり焼けてしまっている椎木です。笑

 

 

 

週末も球場などいろんなところにいましたが、

スタンドで、グラウンドで練習場で

いろんなキラリと、笑顔と涙をみつけました。

大会期間中、テレビでは紹介出来なかったことを

ブログを通してお伝えできればなと考えています。

あすから始めようと思いますので、

楽しみにしておいて下さい♪

 

 

 

さぁ、きょうも暑くなりそうですね。

そろそろ梅雨明けでしょうか。

皆さん、熱中症にならないように気をつけて下さいね。

 

 

 

IMG_9514.jpg

(観戦に欠かせないスコアブックと、大会パンフ)

 

 

 OAB高校野球 http://oab5589.com/ 

 

 

 

 

 

 

 

プロフィール

椎木 麻衣

椎木 麻衣

  • 血液型:AB型
  • 誕生日:1月14日
  • 出身地:中津市
もっと詳しく

アナウンサー一覧

  • 村島 里佳
  • 椎木 麻衣
  • 山下 拓見
  • 冨永 実加子
  • 寺田 健人
  • 浅見 眞帆

QR

インスタグラムOABアナウンサー公式

きどっちブログ

首藤麻美香ブログ

中島綾菜ブログ