シニアセーフティーキャンペーン
  • ニュース
  • 番組表
  • 番組案内
  • イベント・試写会
  • アナウンサー
  • SNS一覧
  • 高校野球


大分のニュース

6月11日(火)

【大分】もし溺れたら 正しい知識を

12:50 更新

水の事故が増えるレジャーシーズンを前に、大分市の海水浴場で溺れた人を助けるための講習会がありました。

日本赤十字社大分県支部が、人手が足りない水上の救助員を増やそうと開き警察や消防の職員など4人が参加しました。

参加者は水難救助用のレスキューボードの扱い方を学んだあと、実際に溺れた人を助ける講習を受けました。

大分県警によりますと、2024年、大分県内で起きた水難事故は29件で19人が亡くなっています。

事故が最も多いのは8月だということです。

日本赤十字社大分県支部は「溺れた時は手足を広げて仰向けに浮き、落ち着いて救助を待ってほしい」としています。

6月11日(火)のニュース一覧
【大分】商業施設で女性殺害 取り調べ続く
6月10日、大分県日田市の商業施設で84歳の女性が殺害された事件で、警察は11日朝から、逮捕した55歳の男の取り調べを続けています。

...
【大分】豚熱の発生で検査態勢を強化
佐賀県で野生のイノシシの豚熱感染が確認されたことから、大分県内でも検査態勢を強化するなど警戒に当たっています。

楠元記者
「こちらで...
【大分】もし溺れたら 正しい知識を
水の事故が増えるレジャーシーズンを前に、大分市の海水浴場で溺れた人を助けるための講習会がありました。

日本赤十字社大分県支部が、人手が...
【大分】合成写真で織りなす幻想的な世界
大分市の施設で写真家の創作作品展が始まりました。

泳ぐ大きな亀を見つめる動物の後ろ姿。

コロナ禍で着想を得たというウイルスと医療...
【大分】名産のお茶で交流
大分県佐伯市の中学生が地元特産のお茶を飲みながら地域の人と交流しました。

大分県佐伯市の本匠中学校では、地元の伝統に触れ郷土愛を育んで...
【大分】幼稚園児がジャガイモを収穫
大分市の幼稚園児がジャガイモを収穫しました。

大分市の「えのくま幼稚園」では、食の大切さを学んでもらおうと毎年収穫体験をしていて、年長...