シニアセーフティーキャンペーン
  • ニュース
  • 番組表
  • 番組案内
  • イベント・試写会
  • ライブカメラ
  • そらぽワールド
  • アナウンサー


大分のニュース

9月15日(水)

県警と県薬剤師会が協定

12:00 更新

 犯罪の起きにくいまちづくりを目指して、県警と県薬剤師会がタッグを組みます。高齢者の利用が多い薬局で啓発活動をすることで、特殊詐欺の被害防止につなげるのが狙いで、15日、締結式が行われました。協定には、通常業務の中で把握した事件や不審者の情報を積極的に通報すること、特殊詐欺などの犯罪を防ぐため、啓発活動に取り組むことなどが盛り込まれています。

 県薬剤師会・安東哲也会長:
「我々がこういう風に協力することによって、少しでも犯罪が少なくなればいいなと」

 特殊詐欺の被害は8月までに98件発生していて、その半数以上が65歳以上の高齢者です。手口としては、パソコンサポート名目の架空請求と還付金の詐欺が全体の9割近くを占めています。県警は今回を含め、64の企業や団体と同様の協定を結んでいます。

9月15日(水)のニュース一覧
新型コロナ 病床使用率30%下回る
 15日の新型コロナウイルスの新規感染者は26人でした。病床使用率が38日ぶりに30%を下回りました。感染が確認されたのは26人。県内での新...
増える家庭内感染 どう防ぐ?
 新型コロナの感染拡大は第5波の中ですが、この2週間、家庭内感染が広がっています。7月下旬からお盆明けまで新規感染者のうち家族感染が占める割...
犯罪のない社会へ 県警と薬剤師会が協定
 依然として減らない特殊詐欺。8月末までの被害件数は98件、そのうち半数以上は65歳以上の高齢者です。さらに手口の内訳を見てみると、主に電子...
県警と県薬剤師会が協定
 犯罪の起きにくいまちづくりを目指して、県警と県薬剤師会がタッグを組みます。高齢者の利用が多い薬局で啓発活動をすることで、特殊詐欺の被害防止...
有効求人倍率 7カ月連続上昇
 7月の県内の有効求人倍率は1.20倍で、7カ月連続の上昇となりました。大分労働局によりますと、7月の県内の有効求人倍率は1.20倍で、前の...