シニアセーフティーキャンペーン
  • ニュース
  • 番組表
  • 番組案内
  • イベント・試写会
  • ライブカメラ
  • そらぽワールド
  • アナウンサー


大分のニュース

9月14日(火)

マスクをせず新型コロナワクチンの抗議活動した臼杵市議会議員に厳重注意

19:00 更新

 臼杵市議会の男性議員が、マスクをせずに新型コロナワクチンの抗議活動を行ったとして市議会は、全員協議会で厳重注意としました。しかし、本人は姿を現しませんでした。議会事務局によりますと、若林純一議員は、8月小中学校の周辺で子どもへのワクチン接種をやめることを求めるビラを児童や生徒に手渡したとされ、保護者などから不安の声が挙がっていました。9月10日には、臼杵市、教育委員会、医師会の3団体から市議会に対し、若林議員に厳正な対処を求める文書が提出され、受理されていました。14日午前、市議会は緊急の全員協議会を開き、厳重注意する予定でしたが、若林議員は「注意される根拠が納得できない」と出席しませんでした。

 匹田議長「内容が不適切であったり、 根拠がなかったりというのがあった。やはり少し議員活動としては、逸脱しているのではないかと」

 若林議員はOABの取材に対し「ワクチンの情報を子どもたちに伝えたかったが、教育委員会にも取り合ってもらえず、やむを得ず子どもたちにビラを配った。私は悪いことをしたと思っていない」と話しています。厳重注意の文書は、議会後に若林議員に渡したということです。

9月14日(火)のニュース一覧
新型コロナ新規感染者28人 県「連休に警戒」
 新型コロナウイルスの新たな感染者は28人でした。13日に引き続き、30人を下回りましたが、県は、今週末の連休を控え、人の動きが多くなると警...
マスクをせず新型コロナワクチンの抗議活動した臼杵市議会議員に厳重注意
 臼杵市議会の男性議員が、マスクをせずに新型コロナワクチンの抗議活動を行ったとして市議会は、全員協議会で厳重注意としました。しかし、本人は姿...
JR九州とアミュプラザおおいたが買物券付き切符を販売
 JR九州とアミュプラザおおいたが共同で、お買物券付きの切符を販売することを発表しました。JR九州大分支社とJR大分シティが会見を開きました...
高齢者の悩みや相談を受け付け
 高齢者が抱える悩みを相談してもらおうと電話窓口が開設されました。県人権擁護委員連合会は、一人暮らしで相談相手がいない高齢者などの困りごとを...
書道愛好家らの力作がずらり
 大分市の県立美術館で書道愛好家らの力作がそろった展示会が始まりました。今年で57回目となる県美展・書道展。今年は大分にゆかりのある高校1年...