OAB 大分朝日放送

大分のニュース

大分のニュース|OAB 大分朝日放送

銀座に志かわ 九州初上陸で大分へ(19:00 更新)

 大分市に東京・銀座発祥の高級食パン専門店がオープンします。大分の食パンブームがさらに加速しそうです。食パンだけを扱う「銀座に志かわ」。1本2斤800円という高級食パンのおいしさの秘密は材料となる水です。アルカリイオン水を使うことで、素材のうま味を引き出し、水の配分を多くすることでもっちりとした食感を楽しむことができます。

 浅見眞帆 記者リポート:「もちもちですね、すごい。噛めば噛むほど素材の小麦バターの甘みが感じられて、食パンだけで何もつけなくてもおいしい」

 これまで東京・大阪・名古屋を中心に、16店舗を展開していて九州では初出店です。近年のブームで、食パンへの支出金額が九州で最も増えた大分県が選ばれました。

 高橋仁志社長:「大分はパン文化がある街なので、県民の皆さんのパンに対する舌は意識が高いので分かってもらえると思う」

 大分市猪野に今月7日にオープンし、1日500本~600本を販売する予定です。2013年に大手コンビニエンスストアで高級食パンが発売されてから、ここ1・2年、再びそのブームが来ています。銀座に志かわでは、店頭に並ばなくても電話予約や整理券を使って購入できることで、ちょっとした手土産や自分へのご褒美に気軽に利用してほしいと話しています。
 

OABハッピーファミリーマルシェ
表示切替:PCスマホ