OAB 大分朝日放送

大分のニュース

【動画】マスクの作り方

大分のニュース|OAB 大分朝日放送

県内初 大分市の30代女性新型コロナウイルスに感染(19:00 更新)

 県内で初めて新型コロナウイルスの感染者が確認されました。大分市に住む30代の女性で、飲食店で接客をしていました。県や市によりますと大分市の30代の女性は2月23日に38.7℃の発熱と頭痛、倦怠感の症状が出ました。24日、医療機関を受診しましたが改善しなかったため、25日、別の医療機関を受診しました。それでも症状は改善せず3月2日に保健所に相談し、検査の結果3日午後、陽性と判明しました。今は発熱と頭痛がありますが、重い症状ではないということです。この2週間、県外へ出たことはないということです。女性は大分市都町にあるラウンジ、サザンクロス大分で客に酒などを提供する接客の仕事をしています。最後に出勤したのは発症する前日の2月22日で、翌日、自分の車で市内のスポーツジムに行ったということです。保健所は、女性と同居している40代の男性に対し濃厚接触者として自宅待機するよう要請し、近く検査をする予定です。

 広瀬知事「会社(ラウンジ)にお得意さんに当たってもらうとか、気になる方は早く検査してもらうことが大事」

 改めて感染が確認されるまでの経緯をみていきます。30代の女性は2月23日の日曜日に38.7℃の熱が出て、24日に大分市内の医療機関を受診しました。しかし症状が改善しなかったため、25日に別の医療機関を受診します。その後は自宅で療養していましたが、症状が改善しなかったため3月1日に再び受診します。保健所に紹介された医療機関でCT検査を行うと肺炎の疑いが出て3日にPCR検査を実施したところ、「陽性」反応が出たということです。気になるのは発熱までの女性の行動歴です。女性は大分市都町のラウンジ、サザンクロス大分で客を相手に酒などを提供する接客業をしていました。23日には市内のスポーツジムで3時間ほど汗を流しその後発熱。店には2月22日まで出勤していました。出勤時は「徒歩」で移動。スポーツジムには「自家用車」で通っていたといいます。そして発熱した翌日の24日に医療機関を受診する際は「タクシー」を利用していたということです。この女性は40代の男性と同居していて、男性は近いうちにPCR検査を受ける予定です。濃厚接触者に当たる可能性があるのは、女性が勤めていた大分市都町のラウンジの従業員と客、スポーツジムの従業員と利用者です。県は2月10日以降に店を訪れていた人で心配がある人は大分市保健所に電話で相談し、その後の対応を確認してほしいとしています。

 感染が確認された大分市在住の女性は感染したとみられる後にスポーツジムを利用していました。同業者も感染防止の対策に力を入れています。大分市岩田町にあるパーソナルジムでも、新型コロナウイルスの感染が広がる中、利用者を含めた対策を進めてきました。

 FHCplus・前田貴志代表「やっぱり大分でも出たかというところが正直な気持ちでありましたね」

 ジムでは2月上旬以降、利用者に向けて感染防止を呼びかけています。店の入り口付近に消毒液を置き、トレーニング後は使った器具を除菌シートで拭き上げることを徹底しているそうです。

 前田代表「会員さんが触れる部分はもちろんなんですけど自動ドア1つから、より徹底して清掃とか除菌というのをこだわってしています。大分で(感染者が)出たということもありますので、今後も徹底して今まで通りきれいにやっていこうと思います」

マスクにゃん
表示切替:PCスマホ