特集

2020年2月8日 バックナンバー

~ソノマエ~ つっぱり


佐伯市上浦地区に伝わる不思議な郷土料理〝つっぱり〟を調査
いまでは、地元の方も作らない幻の郷土料理です。

~ソノマエ~ つっぱり
つっぱりのソノマエとは?
90年以上前、佐伯市上浦では、サツマイモを栽培していました。サツマイモを保存食として加工したのが、イモの粉。
そのイモの粉で、かんきり団子を作り、お腹を満たしていました。
しかし、それだけでは満足をしなかった住民が、板に穴をあけた〝つっぱり板〟を作成。
味ではなく、形を変更することで、料理に活用したんだそうです。
その〝イモの粉〟を押し込んでいる姿が、力士のつっぱりに似ていることから、〝つっぱり〟と名付けられました。
~ソノマエ~ つっぱり
★つっぱりの作り方★

イモの粉をお湯でとかし、団子を作る。
~ソノマエ~ つっぱり


団子を〝つっぱり板〟に押し込むと・・・
 

~ソノマエ~ つっぱり
麺状に!!
~ソノマエ~ つっぱり
押している姿が、力士に似ていることから
〝つっぱり〟と名付けられたそうです。
~ソノマエ~ つっぱり
蒸し器で30分蒸かす
~ソノマエ~ つっぱり
水にさらしてお椀にのせてトッピング
~ソノマエ~ つっぱり
しょうゆ出汁(いりこ・かつお節)をなみなみに注げば完成
~ソノマエ~ つっぱり
しおさいの里
佐伯市上浦津井浦1460
0972-25-9111

つっぱり 550円(税込)
毎週日曜日に限定10食で販売
2020年3月8日(日)まで
※作るのに時間がかかるため予約をしていただけると嬉しいです。
前へ
次へ
  • 浅見ブログ
  • きどっちブログ
  • 中島綾菜ブログ
  • モザイクアートプロジェクト
番組バナー