シニアセーフティーキャンペーン
  • ニュース
  • 番組表
  • 番組案内
  • イベント・試写会
  • ライブカメラ
  • そらぽワールド
  • アナウンサー


大分のニュース

1月14日(金)

新型コロナ ステージ2に引き上げ

19:00 更新

 感染力の強いオミクロン株の影響で、県内でも1日の感染者が100人に迫ろうとしています。こうした中、県は対策本部会議を開き、感染状況を示すステージを「2」に引き上げました。

 広瀬知事「本日の感染者が92名、病床の使用率は24.0%、逐次ホテルに移っても大丈夫な軽症者が多いためだんだん減ると思う。そういうことを考えると、総合的に見てステージの方は3ではなく2と考えていいのかなと」

 年が明けて2週間、1月はじめには0だった新規感染者数が急速に増え14日は92人。わずか2週間で100人目前です。年代別で見ると10代、20代があわせて54人で、全体の約6割を占めています。中津市では成人式に伴う同窓会の会食でクラスターも確認されています。オミクロン株の置き換わりが進み、感染のさらなる拡大が懸念される中、県は対策本部会議を開き、感染状況を示すステージを1から2へ引き上げました。特に重視した指標は人口10万人あたりの新規感染者数と病床使用率。14日現在で人口10万人あたりの新規感染者数はレベル4、病床使用率はレベル3です。

 県福祉保健部・藤内修二理事「このオミクロン株に関しては(感染力が従来型より強いので)10万人当たりの新規感染者数は評価としては参考程度にしないといけないか」

 また会議の中で今後の対応についても話し合われました。主にワクチンの3回目接種、宿泊料用施設、会食や旅行などについてです。県は3回目の接種を加速させるため、1月20日から県営の接種センターを再開します。場所は県庁新館の14階で、使用するワクチンはモデルナ社製です。1月は20日から28日までの4日間、宿泊療養施設で働く看護師や清掃員、感染者を療養施設まで送迎するタクシー運転手など、感染者と接する機会が多い人を県が指定し優先して接種します。2月以降も継続して開設され、高齢者など順次接種を受け付ける予定です。また宿泊療養施設も増やします。大分市ではすでに開設している3棟に加え18日から新たに2棟を開設。これによりあわせて724室を使用できることになります。このほか中津市や日田市でも開設を準備してるということです。県外への移動に関しては「感染拡大地域への移動は慎重に判断を」、会食については「会話時のマスク着用と1つのテーブルを4人以下にするなど密にならない工夫を」と呼びかけるにとどまっています。

 県福祉保健部・藤内修二理事「移動のところも会食のところも今までより一段、県民の皆様に警戒を高めてほしいというのが(今までと)大きな違いと考える」

1月14日(金)のニュース一覧
新型コロナ ステージ2に引き上げ
 感染力の強いオミクロン株の影響で、県内でも1日の感染者が100人に迫ろうとしています。こうした中、県は対策本部会議を開き、感染状況を示すス...
感染急拡大 医療体制は?
 感染者が急増する一方で懸念されるのが医療体制です。現在の状況や今後の対応について県医師会に話を聞きました。

 県医師会感染症対策室・...
共通テストへ気合十分!
 15日から大学入学共通テストが始まります。

 大分上野丘高校・姫野秀樹校長「信じるという言葉をみんなに贈ります。信は力なり」

...
中津市で住宅1棟全焼 けが人なし
14日未明、中津市で火事があり、住宅1棟が全焼しました。けが人はいません。

警察によりますと、火事があったのは、中津市東浜のアルバイト...
放火容疑で逮捕の県農協職員 送検
日田市内の飲食店の幕に火をつけた疑いで13日に逮捕された県農協職員の男が、送検されました。

午前8時半ごろ、日田警察署の外階段を下りる...