シニアセーフティーキャンペーン
  • ニュース
  • 番組表
  • 番組案内
  • イベント・試写会
  • ライブカメラ
  • そらぽワールド
  • アナウンサー


大分のニュース

6月11日(金)

工場火災は12時間後に鎮火 周辺である異変が…

19:00 更新

 10日夕方、大分市久土のリサイクル工場で発生した火事は、12時間後の11日朝ようやく消し止められました。けが人はいませんが、現場周辺ではある異変が起きていました。警察などによりますと火事は10日午後5時20分ごろ、大分市久土のリサイクル会社「金和産業」で起きました。

 小野諒馬記者リポート「現場についてから1時間ほどが経ちました。工場の方を見てみると先ほどよりも火が強くなっているように感じます。さらにあたりには黒煙が立ち込め、焦げた匂いが漂っています」

 古い家電などの廃材が3500立方メートルほど燃え、約12時間後の11日午前5時半に消し止められました。周囲に住宅などはなくけが人や延焼はありません。

 近隣工場の人「前も1回火事があって今回で2回目になるんで…」

 この火災、鎮火によって全てが収まった訳ではありませんでした。その後取材を続けると近隣の住民からこんな声が…。

 住民「(火事のあと)川が臭いしちょっと薄黒くなって泡が浮いた状態。かなり魚も死んでますもんね」

 火事のあと川にはこれまでにない泡が流れだしたほか、大量の魚が死んで浮かんでいたといいます。これは火事の影響なのでしょうか?住民の依頼を受けた県と市の担当者が川の水質などを調査しています。市は「詳しい結果は出ていないものの、河川の上流部で十数匹の魚が死んでいるのが確認された。火事の影響も含め調査を進めている」としています。

6月11日(金)のニュース一覧
工場火災は12時間後に鎮火 周辺である異変が…
 10日夕方、大分市久土のリサイクル工場で発生した火事は、12時間後の11日朝ようやく消し止められました。けが人はいませんが、現場周辺ではあ...
病床使用率はステージ2相当に
 県内では11日、新型コロナウイルスの新たな感染者は7人でした。県全体の病床使用率が48日ぶりにステージ「2」に下がりました。新たに感染が判...
「一瞬の出来事」サルの恐怖語る
 2週間で4件、サルによる被害が続いています。サルにかまれけがをした女性がその時の様子を語ってくれました。

 女性「一瞬の出来事だった...
接種会場設営に強力助っ人
 宇佐市では12日から新型コロナワクチンの集団接種の会場が変わります。設営が進む会場では畳を担いで運ぶたくましい若者の姿が。柳ヶ浦高校の柔道...
企業のリーダーが教える「地元で働く」
 豊後企画集団や八鹿酒造など県内に事業所を持つ8社のリーダーが特別授業です。地元に貢献する思いを育んでほしいと企画されたもので、中学生に大分...