シニアセーフティーキャンペーン
  • ニュース
  • 番組表
  • 番組案内
  • イベント・試写会
  • ライブカメラ
  • そらぽワールド
  • アナウンサー


大分のニュース

6月10日(木)

飲食店などの時短要請解除へ ステージも引き下げ

19:00 更新

県は、5月から続いていた飲食店への営業時間短縮の要請を、当初の予定通り、6月13日までで解除すると発表しました。また、感染の状況を示すステージを、3から2へ引き下げました。広瀬知事「ステージ3から総合判断として1に飛躍するのはリスクがある。結論として、今の状況をステージ2と判断した」10日に開かれた県の対策会議で、感染が落ち着いてきたことを理由に、総合判断をステージ2に引き下げました。飲食店への時短要請は、大分市と別府市で5月12日から、その他の市町村では14日から行われています。午後9時までに営業を終えるよう求めていて、県の調査によりますと、対象となる7559店舗のおよそ99%が要請に応じて営業時間を短縮しているということです。広瀬知事「一カ月余りにわたるみなさまの協力に改めて感謝。今なお、献身的に治療にあたる医療関係者に心から敬意」このほか、利用を中止していた「おおいた味力食うぽん券」や「新しいおおいた旅割」は14日から再開します。ワクチン接種についても、新たな方針を打ち出しました。県直営の接種会場を大分市の昭和電工武道スポーツセンターに設置し、保育士などの接種に対応します。さらに、受験や就職を控えた高校3年生も、優先接種の対象に加えます。このほか、インド型の新たな変異ウイルスについても、検査体制が整ったとして、今後監視していくことにしています。一方、10日から、時短要請に応じた店への給付金の申請が始まりました。金額は1軒当たり1日2万5000円から7万5000円で、関連予算はおよそ55億円です。

6月10日(木)のニュース一覧
飲食店などの時短要請解除へ ステージも引き下げ
県は、5月から続いていた飲食店への営業時間短縮の要請を、当初の予定通り、6月13日までで解除すると発表しました。また、感染の状況を示すステー...
14日から変わることは?
飲食店の時短要請が13日で解除されることになりましたが、「13日まで」と「14日以降」で他にも何が変わるのかを改めておさらいします。まず、外...
新型コロナ 県内で新たに4人が感染
県内で10日判明した新型コロナウイルスの感染者は4人でした。新規感染者数がひと桁となったのは、感染者が出なかった7日を除いて、6日連続となり...
きょうも暑い!マスク熱中症に注意
暑い日が続く中、気になるのは熱中症です。新型コロナでのマスク生活も日常となった今、マスクによる熱中症にも注意が必要です。連日、30℃を超える...
災害時に立体駐車場を車の一時避難所に
大雨や台風時に車の浸水被害を防ごうと、一時避難所として、商業施設の立体駐車場が活用されることになりました。大分市の佐藤樹一郎市長と、トキハの...
全国知事会議 各知事が要望を提言
2022年度の国の予算編成の方針に各都道府県からの要望を盛り込むための全国知事会議が開かれています。47都道府県の知事などが参加し、ウェブを...
災害時の代替輸送 JR・バス協会・運輸支局が協定
災害でJRが不通になった際に、バスでの代替輸送を円滑に行うため、JRとバス協会、運輸支局が、協力態勢を確認しました。近年、自然災害が多くなっ...