シニアセーフティーキャンペーン
  • ニュース
  • 番組表
  • 番組案内
  • イベント・試写会
  • ライブカメラ
  • そらぽワールド
  • アナウンサー


大分のニュース

9月16日(水)

世界アルツハイマー月間

19:00 更新

県内にいる高齢者のうち、認知症の人は約17パーセント、6万5000人ほどと推計されています。今月は「世界アルツハイマー月間」です。認知症を正しく理解してもらおうと、県内各地で様々な取り組みが進められています。大分市のJRおおいたシティでは、店舗のスタッフや警備員などが「認知症サポーター」の研修を受けました。認知症サポーターとは、認知症の人やその家族に対し、正しい知識と理解を持つ人のことで、養成講座を受講すれば誰でもなることができます。講座では、認知症の原因や症状について学んだあと認知症の人が買い物で困っていた時、どうすればいいかを考えました。受講後には認知症サポーターの証としてオレンジリングが手渡されました。県内のサポーターの数は13万人を超えています。一方、津久見市では介護士や市の職員など11人がスーパーの前に立ち、認知症への理解を求めました。買い物客にポピーなどの花の種と、リーフレット約240セットを配り、「心のバリアフリー」を呼び掛けました。今月末にかけて県内各地で街頭活動が予定されていて18日は豊後大野市や杵築市で実施されます。

9月16日(水)のニュース一覧
人命救助した男性2人に感謝状贈呈
行方不明者を保護した男性と、熱中症の疑いがある高齢者を助けた男性に、警察から感謝状が贈られました。国東市の会社員、末綱典彦さん(57)は先月...
センニチコウが見ごろ
竹田市のくじゅう花公園で、3万5000株のセンニチコウが見ごろを迎えました。紫や白と華やかで、先端が丸く可愛らしい形をしていますが、実は色が...
世界アルツハイマー月間
県内にいる高齢者のうち、認知症の人は約17パーセント、6万5000人ほどと推計されています。今月は「世界アルツハイマー月間」です。認知症を正...
連休前に気になるガソリン価格は?
4連休を前に気になる今週のガソリン価格が発表されました。石油情報センターによると県内のレギュラーガソリンの平均価格は143・5円ハイオクは1...
大分銀行 スマホ決済サービスを一時停止
「ドコモ口座」など、スマートフォンを使った決済サービスを悪用され、預金を不正に引き出される被害が全国で拡大しています。これを受けて大分銀行は...