シニアセーフティーキャンペーン
  • ニュース
  • 番組表
  • 番組案内
  • イベント・試写会
  • ライブカメラ
  • そらぽワールド
  • アナウンサー


大分のニュース

7月30日(木)

県内で新たに2人の感染を確認

19:00 更新

 県内で新たに2人が新型コロナウイルスに感染したことがわかりました。そのうち1人は、杵築市の病院に勤務する医師で、スタッフや患者ら100人以上が検査の対象となっています。感染がわかったのは、福岡県に住む会社員と、杵築市の病院に勤務する医師の、いずれも30代の男性2人です。会社員の男性は7月27日に同僚の男性と2人で、仕事のため自家用車で大分市を訪れていました。のどの痛みやだるさなどを訴えていますが、症状は軽いということです。同僚は福岡市でPCR検査を受けていましたが、結果が出る前に来県し、その後陽性が確認されました。2人とも大分では会社が借り上げた寮から外出しておらず、県は他に濃厚接触者はいないとみています。
 一方、男性医師は杵築市の清和病院に勤めています。7月27日に自宅のある東京から飛行機で大分に戻り、空港から職員の車で勤務先へ向かいました。その日の午後から28日まで勤務しましたが、咳や発熱などの症状がみられたため、29日に受診し、感染が分かりました。病院は30日から外来診療を休止し、県は接触した可能性のあるスタッフや患者など、あわせて105人のPCR検査を進めています。

 広瀬知事:
「移動をする際は他県の状況をみて臨機に対応してほしい。それ以上のこと(自粛要請)をやることではない」

 これを受けて杵築市は、対策本部会議を開きました。

 永松悟・杵築市長:
「きょうの段階から市直営の公共施設を当分の間、閉館することにした」

 杵築市は、直営するすべての公共施設53カ所を31日から当面休館します。これで県内の感染者数は、あわせて64人となりました。

7月30日(木)のニュース一覧
県内で新たに2人の感染を確認
 県内で新たに2人が新型コロナウイルスに感染したことがわかりました。そのうち1人は、杵築市の病院に勤務する医師で、スタッフや患者ら100人以...
九州北部で梅雨明け
 福岡管区気象台は、大分を含む九州北部地方が梅雨明けしたとみられると発表しました。県内各地では、暑い1日にとなりました。

 田中詩乃・...
未成年者誘拐の疑いで男を逮捕
 県内に住む女子中学生を車で連れ回したなどとして、福岡市の男が未成年者誘拐の疑いで逮捕されました。逮捕されたのは福岡市の会社員、野原悠真容疑...