hit 明野住宅展示場
  • ニュース
  • 番組表
  • 番組案内
  • イベント・試写会
  • ライブカメラ
  • そらぽワールド
  • アナウンサー


大分のニュース

6月12日(水)

被災地の農業を救う

19:00 更新

 九州豪雨からまもなく2年です。大きな被害を受けた日田市で、ドローンを使った稲の栽培実験が行われました。県が主催した今回の実証実験では、九州豪雨の影響で地盤が弱くなり、田植え機が使用できなくなった水田に、ドローンで直接種をまく湛水直播栽培技術が用いられました。水田に苗を植える移植栽培に対し、苗を購入するなどのコストが抑えられるのに加え、田植えの作業も必要なくなり、人の負担や時間が大幅に短縮できます。12日は、水田4000平方メートルにヒノヒカリの種、約20キロをまきました。かかった時間はわずか15分。通常の田植えの8分の1ほどの時間で作業が終わりました。

 農業組合法人「小野谷」事務局冷川睦男さん:「とにかく今年植えつけてみんなのシンボル的なものになる。それから復旧をみんなで目指す形の中、(お米が)取れればいいと思う」

 種を散布できるドローンは7月に製品化される予定です。県は「今後、高齢化が進む林業や農業の場で、ドローンが活躍できるようになれば」と話しています。

6月12日(水)のニュース一覧
ラグビーW杯優勝カップ レプリカ展示
 ラグビーワールドカップの開幕まであと100日となりました。全世界から熱い視線が集まるラグビーの祭典がまもなく始まります。大会の機運を高めよ...
NZからの贈り物
 別府市では、ラグビー大国からアイスクリームの贈り物です。ニュージーランドが本社の乳製品会社が、代表チームの公認キャンプ地である別府市の子ど...
杉乃井ホテル 大規模リニューアルへ
 別府杉乃井ホテルが大規模リニューアルに着手します。2025年までに2つの新しい客室棟が完成します。運営会社のオリックス不動産によりますと、...
被災地の農業を救う
 九州豪雨からまもなく2年です。大きな被害を受けた日田市で、ドローンを使った稲の栽培実験が行われました。県が主催した今回の実証実験では、九州...
最新の建設技術が集合
 働き方改革の波は建設業界にも押し寄せています。人手不足の解消や生産性の向上につながるとして、建設現場では最新のデジタル技術を導入する動きが...
訓練のルール遵守を要請
 日出生台演習場などで実施されるアメリカ軍の訓練について、県と地元自治体の関係者が、安全対策などを九州防衛局に要請しました。要望したのは、二...
自民党衆院選大分1区 8人応募
 次の衆議院議員選挙での大分1区の候補を公募していた自民党県連は、12日夕方、受け付けを締め切り、8人の応募があったと発表しました。大分1区...
5月の景気動向
 日本銀行大分支店は5月の県内の景気動向を発表しました。日本銀行大分支店は5月の景気について、「基調として緩やかに回復している」として、前の...