火と水と人と
月夜にふれる動植物の息吹

人と自然が共生する姿を垣間見る「坊ガツル・タデ原湿原」は、国際的に重要な湿原が登録されるラムサール条約湿地の一つ。春には千年を超えていとなまれる野焼きによって、多様な生き物の命の芽吹きが守られる。秋の夜長、静かに動植物の声に耳を傾ける。

月夜のセラピーハイク

晩秋の湿原に佇む
満月の夜は月明かりに導かれタデ原湿原を歩く。
新月の夜は満点の星空を浴びながら魅惑の世界へ。
五感を研ぎ澄まし森の息づかいを感じながら、くじゅうの大地に優しく包まれていきます。

誘い人

くじゅうネイチャーガイドクラブ

環境省くじゅう管理官事務所職員
日時 (1)満月の夜 10/31(土) ※雨天順延 11/1(日)
(2)新月前夜 11/14(土) ※雨天順延 11/15(日)
17:00集合~19:30解散(解散後、温泉)
料金 2,000円(天然酵母パン&湧水コーヒー付き)
※参加料の一部は保険料と自然環境保護活動の費用に充当します。
準備するもの 夜はかなり冷え込みます。暖かい服装と歩きやすい靴でご参加ください。
定員 各10名
集合場所または会場 長者原ビジターセンター
玖珠郡九重町大字田野255-33
TEL:0973-79-2154
P 70台
主催・ネット予約 OAB大分朝日放送
※7日前まで要予約
    お申し込みはこちらのリンクのフォームから

PROFILE