hit 明野住宅展示場
  • 番組表
  • 番組案内
  • ニュース
  • そらぽワールド
  • イベント・試写会
  • 天気情報
  • ライブカメラ
  • アナウンサー


大分のニュース

4月16日(月)

熊本地震から2年 被災地の今

19:00 更新

熊本地震の本震から、16日で2年を迎えます。当時、別府市、由布市では最大震度6弱を観測。大分県内では災害関連死で3人が死亡、36人が重軽傷を負いました。あれから2年、被災地の今を取材しました。別府市では熊本地震以降、毎年この日に市内全域で大規模な防災訓練を実施しています。上人小学校では全校児童と教職員約320人が参加して高台にある避難所までの避難方法や防災無線の使い方などを確認しました。

参加した児童:
「みんな真剣で本当の地震のことを考えてやっていた」

参加した児童:
「きょうの避難訓練を元に命を守りたい」

落石やがけ崩れなど多くの被害を受けた竹田市。JR九州の豪華寝台列車「ななつ星in九州」は、熊本地震以降、豊肥線での運行を取りやめていましたが3月28日、約2年ぶりにJR豊後竹田駅に戻ってきました。また、由布岳のふもとにある狭霧台は地震により土砂が崩れ、安全が確保できないとして閉鎖を余儀なくされました。あれから1年8か月、復旧工事が完了し、2017年12月に再開。現在は湯布院の東の玄関口として観光客を出迎えています。

狭霧台展望売店 江藤博敏さん:
「狭霧台は湯布院の観光に他のところに行く途中の休憩所に重要な場所だったと改めて感じた」

県内有数の観光地、由布市湯布院町。あの日から2年、風評被害に見舞われた町は多くの観光客であふれていました。

東京からの観光客:
「地震の跡もだいぶなくなってきている 自然豊かでまた来たいと思った」

観光名所、湯の坪街道。発災直後は観光客が激減。旅館や飲食店などは大きな打撃を受けました。2年が経った今、以前とほぼ変わらないにぎわいが戻っていました。

湯の坪街道で働く人:
「あの当時 人が歩いていなかった。外国や日本の方も協力してもらい今たくさん来てくれている。ただもう感謝の気持ち。それだけ。」

4月16日(月)のニュース一覧
中津市耶馬溪町の山崩れ 3人目の遺体見つかる 
中津市耶馬溪町で起きた山崩れ。15日の夜、3人目の遺体が見つかりました。遺体は女性で身元の確認を急いでいます。
           
...
ラクテンチ経営権 地元企業が取得
2017年8月、別府市で開かれた温泉テーマパーク「湯~園地」。その舞台となった別府ラクテンチの経営権を地元企業が取得することがわかりました。...
大分トリニータ 5連勝ならず
サッカーJ2大分トリニータは、ここまで2位と好調を維持しています。5連勝をかけた横浜FCとの試合は、惜しくも引き分けとなりました。試合は序盤...
パラ陸上・中西選手 今季2戦目の跳躍
パラアスリート中西麻耶選手が、15日、宮崎で今季2戦目に臨みました。宮陸チャレンジャーズゲート競技会。中学生から一般までが参加する健常者の大...
子どもたちがアユの稚魚放流
豊後高田市で子どもたちがアユの稚魚を放流しました。周防灘へとつながる桂川の自然を未来に残していこうと、桂川漁協などが毎年実施しています。16...
熊本地震から2年 被災地の今
熊本地震の本震から、16日で2年を迎えます。当時、別府市、由布市では最大震度6弱を観測。大分県内では災害関連死で3人が死亡、36人が重軽傷を...
中津市耶馬溪町 山崩れ現場から新たに1人の遺体
中津市耶馬溪町の山崩れ現場で15日の夜、新たに1人の遺体が見つかりました。身元の確認を急ぐとともに、現場では安否が分からない4人の捜索が続い...