OABパークプレイス住宅展示場「スムスム」
  • 番組表
  • 番組案内
  • ニュース
  • そらぽワールド
  • イベント・試写会
  • 天気情報
  • ライブカメラ
  • アナウンサー


大分のニュース

12月7日(木)

1パック3万5千円 新品種イチゴ 初競り

19:00 更新

大分県が開発した新しい品種のイチゴの初競りが大分市でありました。ご祝儀価格で1パック3万5000円と驚きの高値がついています。県が8年かけて開発し、6日にお披露目された、新品種のイチゴ、ベリーツ。濃い赤色と糖度が高いのが特長で、7日は1000パック200Kgが初競りにかけられました。最高値は、1パック270gが3万5000円のご祝儀価格で競り落とされました。1粒あたり、3800円余りの計算です。

樋口農園 樋口勝典さん:
「びっくりです。ただただびっくり。」

また、1パック200gのものは、3500円から5500円の値で取り引きされました。さがほのかなどの他のブランドより、10倍ほど高いということです。

県いちご販売強化対策協議会 田中廣幸会長:
「誇れる品種であってほしいのと、誇れるイチゴを作るためにも生産量を増やして面積も増やして頑張っていきたい」

新品種ベリーツは県内のスーパーなどに出荷されるということです。

12月7日(木)のニュース一覧
1パック3万5千円 新品種イチゴ 初競り
大分県が開発した新しい品種のイチゴの初競りが大分市でありました。ご祝儀価格で1パック3万5000円と驚きの高値がついています。県が8年かけて...
ボランティア制度の一環 大和ハウス工業が農家の手伝い
大手住宅メーカーの大和ハウス工業が稲刈りが終わった農家の手伝いです。人手不足の農家を支援しようと大分市が取り組むボランティア制度の一環で社員...
日産プリンスが介護ベット贈呈
大分市の自動車販売店が大分県社会福祉協議会に介護用ベッドを贈りました。贈呈式では日産プリンス大分販売の市野瀬勝典取締役から県社会福祉協議会の...
冬休みを前に アフリカンサファリが清掃活動
冬休みを前に観光ルートを清掃です。九州自然動物公園アフリカンサファリが気持ち良く客を迎えるおもてなしとして、年3回、長期休暇の前に取り組んで...